【ピアノ】速いパッセージにおけるごまかしを減らす方法

スポンサーリンク
「ゆっくりでは弾けないけど速いテンポなら弾ける」
と発言する方がたまに見受けられますが、
それは、
「弾ける」のではなく、弾けていないんです。

 

ピアノ演奏においても

「ごまかし」という言葉を耳にすることもありますが、

◉ 確信犯的にごまかしているケース
◉ ごまかしていることに自分で気付いていないケース

こういった状態が続いていると

いずれ足を引っ張ることになります。

あるタイミングで

ごまかしていたところが表面に出てくるからです。

 

「いつも弾けていたところが、ある日突然弾けなくなった」

というトラブルを耳にしますが、

多くの場合は

ごまかしていたところが

表面に出てきたから

このようなことになります。

 

確信犯的、無意識、どちらのごまかしを含め、

それらを減らす方法があります。

「速いパッセージを、ゆっくりのテンポでもきちんと弾けるかどうか」

今一度、これをチェックしてください。

 

しっかりと抑制をきかせることもできて

ゆっくりでも流れを失わずに弾けるようになっていてこそ、

速いテンポでも完全に演奏できます。

 

「ゆっくりでは弾けないけど速いテンポなら弾ける」

と発言する方がたまに見受けられますが、

それは、

「弾ける」のではなく、弾けていないんです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました