アゴーギク

スポンサーリンク
アゴーギク

【ピアノ】楽をするためにテンポを緩めないで

本記事では、 アゴーギクについての良く起きがちな注意点について触れています。 ワンポイントアドヴァイスです。 「跳躍する箇所」など、 演奏が難しい箇所で良く起きがちなのは 「難易度を下げて楽をするためにテンポを緩めてし...
アゴーギク

【ピアノ】「ゆっくり練習(拡大練習)」の欠点

本記事では、 「ゆっくり練習(拡大練習)の欠点」について語っています。 私の発信でも散々書いてきているように 「ゆっくり練習(拡大練習)」 というのは 練習の基本とも言えるほど重要な過程です。 一方、 ...
アゴーギク

【ピアノ】メロディを引き出してあげる休符

本記事では、 「メロディの入りに置かれている休符」について その表現方法を解説しています。 すぐに読めるワンポイント解説です。 本記事で取り上げている作品は パブリックドメインになっている作品です。 出版社が独自...
アゴーギク

【ピアノ】必ずしも「歌う = 強く弾く」ではない

本記事を通し、 ピアノで「歌う」ということについて考えてみましょう。 注 : 本記事で譜例を取り上げている作品は パブリックドメインになっている作品です。 出版社が独自につけたアーティキュレーションなど 権利に...
アゴーギク

【ピアノ】無闇にタメないこと

本記事では、 「タメル」という少々誤解を招きやすい解釈について 話題としています。 「タメル」とは、 特定の音に長くとどまったりと、 たっぷり弾く時に使われている言葉です。 この言葉、私はレッスンでは...
アゴーギク

【ピアノ】ルバートが必要な楽曲の仕上げ方

本記事では、 ロマン派の多くの作品など「ルバートが必要な楽曲」を 音楽的に仕上げる方法をご紹介しています。 「先に曲想をつけて、それに対して音が入るタイミングを合わせていく」 これが超重要です。 逆に、 音だけ読んで...
アゴーギク

【ピアノ】アゴーギクを考える時の注意点

本記事では、 「アゴーギクを考える時の注意点」をお伝えしています。 アゴーギクは音楽エネルギーの流れに沿っていることが必要です。 曲想を考えるときは 「そこをどうしたい」という考え方でもいいのですが、 「前から流れてき...
アゴーギク

【ピアノ】長めにとどまるアウフタクト音の弾き方

本記事では、 「引き伸ばされたアウフタクト音の弾き方」について、 注意点を解説しています。 具体例として、 ショパン「ノクターン第2番」 一番初めの1音を思い出してみてください。 このアウフタクト(弱起)の8...
アゴーギク

【ピアノ】アフタービートの演奏法

本記事では、 「アフタービートの演奏方法」を解説しています。 アフタービートは、 「ラグタイム」などではもちろん、 「ラヴェル」などクラシックの作品にもよく出てくる要素です。 以前にラグタイムの項目でも解説した内容ですが、...
アゴーギク

【ピアノ】譜読み :「リズムの骨格」を整理しよう

本記事では、 「譜読み」で必ずやっておくべき事項から 「リズムの骨格の整理」について取り上げています。 譜読みの段階で意識しておくべきことは 色々とありますが、 その中でも 「楽曲のリズムの骨格(正しいリズム)を...
アゴーギク

【30秒で学べる】ショパン「別れの曲」ワンポイントレッスン

ショパン「エチュード(練習曲)op.10-3 ホ長調」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、曲頭の左手)
アゴーギク

【30秒で学べる】ショパン「ポロネーズ第1番」ワンポイントレッスン

ショパン「ポロネーズ第1番 嬰ハ短調 作品26-1」 ワンポイントレッスン! 譜例(Finaleで作成、73小節目)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました