【ピアノ】何かがうまくいっていないということに気付けるようになろう

スポンサーリンク
目指すところは、
独学でも、習いに行っていても、
究極は自分ひとりで音楽を仕上げる力をつけること

 

本Webメディアでは

自分の演奏を客観的に聴くことの重要性と

その客観性の身に付け方について

何度も記事にしてきました。

 

目指すところはとうぜん、

独学でも、習いに行っていても、

究極は自分ひとりで音楽を仕上げる力をつけること

にあります。

 

ただし、その前段階とも言えますが

まずは

「何かがうまくいっていない」

ということに気付けないといけません。

 

そうしないと

「うん、今のでOK」

となってしまい、

うまくいっていないところの原因の追求まで

歩が進まないからです。

 

客観性を身につけるためには

さまざまなやり方がありますが、

まずは月並みですが

「録音&チェックで、思っていたサウンドと録音された現実とのギャップを埋めていく」

これを徹底してください。

同時に、楽式などに対する力を高めてください。

 

どちらか片方だけでは効果が薄く、

根本的な音楽の力を高めていく過程も入れていかないと

結局、録音&チェックでも

「うん、今のでOK」

になってしまいます。

ほんとうに良い演奏をしているのであれば

それでいいんですけどね。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました