【ピアノ】アクセント記号を見たら考えるべきこと

スポンサーリンク
本記事では、
アクセント記号を音楽的に読み取るための
アドヴァイスをしています。

 

アクセント記号というと、

「記号が付けられた音を強調して演奏する」

という意味が広く知られています。

もちろんその認識で良いのですが、

ピアノ演奏に余裕が出てきた学習者は

アクセント記号を

「強調する」だけでなく、

「どのような表情で強調すべきか」

ということも考えていきましょう。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても考え方は応用できます。

 

取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

ショパン「ワルツ第10番 op.69-2」

譜例(Finaleで作成、6-7小節目のメロディ)

アクセントが付けられた2つの音を見てください。

「D-Cis」というように

2度音程下がっていく段になっています。

これを見落として

「単に強調して演奏する」

と思ってしまうと、無意味に2つの同じ強さの音が並んでしまいます。

つまりここでは、

D音よりもCis音の方が目立ってしまうと音楽的に不自然です。

段になるように

アクセントが付けられた音同士のバランスをとりましょう。

そして、更に大切なのはここから先。

「どのような表情で強調すべきか」

ということを考えてみましょう。

 

(再掲)

この楽曲全般で言えることなのですが、

各小節3拍目のアクセント付きの音は

次の1拍目を先取している音です。

シンコペーションのリズムが特徴的。

曲頭のアウフタクトから

早速この特徴が出てきていますね。

そこで、

「強く」というよりは

シンコペーションを伝えてあげる意味でも

「置くようなタッチで重みをいれる」

というイメージを持って打鍵するといいでしょう。

「強く」と思って上からカツン!と打鍵してしまうと、

音色が散らばり、この楽曲の表情に合いません。

 

今回は1曲のみを例に取り上げましたが、

どんな楽曲であっても、

アクセントを見かけた時は

「どのような表情で強調すべきか」

という観点を重視して譜読みしましょう。

 

ショパン「ワルツ第10番 op.69-2」は、

シンプルながら音楽としてとても魅力的。

取り組みやすく、

ショパンのワルツに初めて挑戦してみたいという方にもオススメできます。

初心者の方は、

全音楽譜出版社が出版している、

「PP2週間マスター」シリーズを使って

この楽曲に挑戦してみるのもオススメです。

段階を踏んだ練習をすることができますし、

練習ポイントも収載されています。

◉ PP2週間マスター(15) ショパン/ワルツ Op69-2 (ピアノピース2週間マスター)

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました