【ピアノ】ちょっと変わった音大の授業

スポンサーリンク
本記事では、
一部の音楽大学で行われている
ちょっと変わった授業について紹介しています。
レパートリー形成などに役に立つ内容です。

 

音大の授業というと

専門的な難しい授業ばかりだと思っていませんか?

厳しい内容だけではなく、

中には楽しく、且つ、ためになるものもあります。

 

筆者が印象に残っているのは、

「自分が好きな楽曲について、その理由をひたすら言語化して発表する」

というもの。

好きな楽曲というのは誰にでもあるものですが、

その楽曲のどんなところが好きで

なぜ魅力を感じるのかというのは

意外と曖昧になっているものです。

それを一度じっくりと言語化してみることで

自分の好みの傾向を知ることができます。

また、

その楽曲についての理解もいっそう深まります。

 

加えて、

他人の発表を聞くことで

今まで気分が興味なかった楽曲について

気付いていなかった魅力を発見できたりするものです。

 

ピアノ仲間とやってみるのもいいですし、

一人で好きな楽曲について整理してみるのでもいいですね。

小さな内容でも必ず発見がありますよ。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました