【ピアノ】単音で太い音を出すための運指

スポンサーリンク
太い音を出すためには
どの指で演奏するかが大きなポイントです。
今回は、
「単音を出す場合」を例にします。

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

 

譜例は、

ドビュッシー「子供の領分 1.グラドゥス・アド・パルナッスム博士」

の一番最後です。

今回は、

譜例のように

「片方の手で演奏する音が ”単音”」
「強打」
「その前後が忙しくない」

この3条件が揃っている場合を取り上げます。

ショパン「バラード第1番ト短調 作品23」の曲頭など

例は意外と多いものです。

 

結論的には、

「強い指で打鍵するべき」

なのですが、

では、具体的にはどうすればいいでしょうか。

一番オススメなのは、

「親指と人差し指を束にして、1つの鍵盤を2本指で打鍵する」

という方法。

支えがしっかりするので

とても力強い音を出すことができます。

これでしたら鍵盤に触れる面積も大きいので

「白鍵」はもちろん、

「黒鍵」であっても外しません。

 

あるいは、

「中指のみで打鍵する」

というのもアリです。

中指は

ある程度手の支えが効くので

安定して力強い打鍵ができる指です。

一方、

中指だけで打鍵する場合は

「白鍵」でしたら問題ないのですが

「黒鍵の場合には外しやすい」

というデメリットがあります。

ズルリと鍵盤の横に滑ってしまう可能性が高いのです。

黒鍵の場合は

「人差し指と中指を束にして、1つの黒鍵を2本指で打鍵する」

というやり方がとられることもあります。

 

ここまでご紹介した内容は、

「どちらの手で、どこの音域の音を打鍵するのか」

ということでも変わりますので、

以上の情報を元に

あなたの練習している楽曲に合わせて決定するといいでしょう。

 

一つ特殊な例を挙げましょう。

88鍵のピアノにおける黒鍵の最低音(B音)の場合、

「グーで打ち下ろす」

というのも使える方法です。

【ピアノ】黒鍵盤の最低音をしっかり鳴らす方法

という記事で詳しく書いていますので、

あわせて参考にしてください。

 

運指について学びたい方は、

以下の電子書籍も参考にしてください。

◉大人のための欲張りピアノ [“運指”が悩みのあなたへ贈る12のレッスン]

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました