【ピアノ】「直線の旗」 演奏方法に迷いやすい記譜

スポンサーリンク
本記事では、
演奏方法に迷いやすい記譜のうち
「直線の旗」について解説しています。

 

譜例を見てください。

休符の直前にある音符の旗が

「直線」になっています。

特に近現代の作品でよく見られる記譜です。

 

 このような「直線の旗」は

通常の旗の役割と変わりありません。

「通常の旗と同じ演奏方法」

と解釈していれば問題ありません。

つまり、

今回の譜例の場合は

「16分音符」で演奏すればOKです。

 

では、なぜこのような特殊な書き方が存在するのでしょうか。

簡潔に言うと、

「見た目の問題」が理由です。

笑い話のようですが、

多くの邦人作曲家はこういった理由で

直線の旗を使っています。

例えば、

「バッと勢いよく音を切って欲しいときには、直線の旗の方が雰囲気が出る」

などと話す方もいらっしゃいます。

 

記譜と言うのは、

ある程度の「利便性」を追求していることはもちろんですが、

今回の内容のように

「譜面から緊張感や雰囲気を伝える」

ということも

作曲家側にとって「こだわり」であり

重要な要素なのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました