【ピアノ】深い響きの中から出てくる弱奏のつくり方

スポンサーリンク
「時間」と「耳」をうまく使うと
強奏の響きの中から
弱奏の響きを
美しく浮かび上がらせることができます。

 

具体例で見てみましょう。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

ラフマニノフ「音の絵 op.39-5」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、50-52小節)

ここでは

sff で重厚な音が響いたあと

その響きの中から生まれるかのように

p の和音が出てきます。

こういった、

深い響きの中から影のように出てくる弱奏の表現は

多くの作品で見られますね。

 

演奏のポイントがあります。

楽曲の前後関係にもよるのですが

少なくともこの譜例の場合には、

sff のところにある8分休符をやや長めにとり

そのぶん時間をかけて

p の響きをきちんとつくってください。

そして、だんだんと巻いていきます。

 

「弱奏であっても、自分の耳でしっかりと響きを聴き取っているかどうか」

これが大切。

自分で聴けていない状態で先へ進んでしまうと

その弱奏は聴衆の耳にも聴こえず

ただ通り過ぎただけになってしまいます。

 

こういう部分は

ある意味「相対的なダイナミクス」の観点が必要で、

sff をどれくらい深く響かせるのかによって

直後の p のダイナミクスは変わってくる。

深い響きの余韻を聴き続けて

その余韻に対してどれくらいの弱奏が適切なのかを耳で判断したうえで

弾き始めましょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました