【ピアノ】言われても変えないのは、こだわりではない

スポンサーリンク
本記事では、
ピアノ学習の際に
「変化に強くなることの重要性」
について解説しています。

 

教材で独学をしたり

教室へ習いに行って得た内容について、

「書いてあるけど、どうせ意味なさそうだからやらなくていいか」
「言われたけど、何となく腑に落ちないから直さなくていいか」

などと流してばかりいませんか?

もちろん、

全部試していたら

どんなに時間があっても足りないでしょう。

しかし、

少しでも気になったものは

必ず一度試してみてください。

 

筆者は、何となく気乗りがしなかった方法を試してみたら、

思いがけず大きな恩恵を受けた経験が

何度もあります。

 

よく、何を言われても決して変えない、

何のために習いに来ているのか分からない学習者がいるようです。

「自分はこだわりが強いから」

などと思っているのでしょうか。

しかしですね、

何を言われても変えない、何を言われても試しもしないのは、こだわりではありません。

変化に弱いだけなんです。

 

ほんとうにこだわりが強いピアノ弾きは

相手のアドヴァイスを受け入れた上で

良いところを吸収し、

その吸収を活かして

自分のこだわりをさらに強固なものへと進化させていきます。

こだわりが変化していくのです。

こだわり(と思っているものが)が変化しないのは、

変化の怖さにとらわれているだけ。

 

まずは素直にトライしてみてください。

合わなければ

そのあと手放せばいいだけですから。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました