【ピアノ】どの音に重みを入れると音楽的?

スポンサーリンク
本記事では、
よく出てくるリズム型を取り上げて
音楽解釈のうち基本的な部分を取り上げています。

 

譜例を見てください。

このようなリズムはよく出てきますよね。

譜例のように

特にダイナミクス変化などが書かれていない場合は

どの音に重みを入れるべきか判断しなくてはいけません。

前提として、

同じ「音質」「音量」で複数の音を並べるのは音楽的ではありません。

それでは機械的な演奏になってしまいます。

 

(再掲)

この譜例では、

やはり「3つ目の音」に一番重みを入れると音楽的です。

「音価が長く、長い時間とどまる音であるため」
「表拍にくる音であるため」

これらが理由です。

連打に一生懸命になって

16分音符の音が強くなってしまいがちな音型ですね。

 

また、

譜例ではスタッカートやテヌートを書き入れましたが、

仮にこれらの記号が書かれていなくても

上記のように演奏するのがベストです。

ちなみに作曲家は、

スタッカートを

「その音を軽くして欲しい」

という意味でも使うことがあり、

テヌートは

「その音をていねいに置くように重みを入れて欲しい」

という意味でも使うことがあります。

したがって、

譜例のように

スタッカートやテヌートが書かれているときには

なおさら、「3つ目の音」に一番重みを入れるべきだということが

強調されていると言えます。

 

一種のパターンとも言えるので

同じ形を見かけたら

今回の記事のことを思い出してみてください。

こういったことは

引き出しとして自身の中にたくさん溜めていくことで

いつの間にか

初めて見る作品にも対応できる解釈力が育っていきます。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました