【ピアノ】テクニックを必要とする環境をつくろう

スポンサーリンク
本記事では、
テクニックをつけるためのポイントを
練習方法以外の面から解説しています。

 

練習方法以外の面から言うのでしたら、

「テクニックを必要とする環境をつくる」

これが、テクニックをつけるために必要なことです。

 

使わないテクニックは

具体的な使用用途がイメージできないので

身に付くスピードが遅いですし、

仮に身についたとしても

使わなければすぐに忘れてしまいます。

 

以前に、

「取り組んでいる楽曲で表現したいことをまず定めて、
そこから逆算して表現するために必要なテクニックは何なのかを考えることの重要性」

このことについて記事にしたのも、

そういった理由からです。

 

そして、

関連項目としてプラスでお伝えしたいことが、

「テクニックを必要とする環境」

についてです。

「ピアノの発表会」はもちろん、

独学の方であっても

申し込み形式で出演できる演奏会は山ほどあります。

これらのような舞台に出演することで

自身が身に付けたテクニックを

人前で使う機会を作りましょう。

「そのテクニックは何のために必要なのか」

これが明確になればなるほど

練習の吸収が確実になるのは

私自身も強く感じてきました。

 

ときには、

「少し本番から離れて基礎を見つめ直す」

といったことが必要なケースもあります。

その場合であっても、

見直した基礎を

後にどういったシチュエーションで使っていくのかを

考えるようにしましょう。

 

少し極端な例ですが、

北京オリンピックで

メダルを獲得したオリンピアンも

オリンピックという具体的な

「夢」

と同時に

「身に付けた能力を使用するシチュエーション」

が無かったとしたら、

力の付き方は現在の地点まで到達していないはずです。

 

小さな舞台でも全く構いません。

使用するシチュエーションを作ってしまいましょう。

それが

上達のポイントです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました