【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第2楽章」ワンポイントレッスン

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第2楽章」ワンポイントレッスン!

譜例(Finaleで作成、7-8小節)

8小節目は、1拍目に重みが入り2拍目でおさめます。

右手の32分音符は極めて軽く演奏しましょう。

「フッと出てくる細かい音価」は重くならないように注意する必要があります。

 

意外に「8小節3拍目の4分休符」がいい加減になっている学習者が多い印象です。

休符になることで、

「1拍分右手がsolo」になります。

つまり、重要な音楽表現なのです。

 

8小節目2拍目裏からは、

右手がクロマティックで降りてきますので、

一つだけ音が飛び出たりしないようにバランスよく演奏しましょう。

 

今回の内容を「スクロール動画」で学びたい方はこちら!

【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第2楽章」ワンポイントレッスン

 

モーツァルト「ピアノソナタ K.545 第2楽章」を更に学びたい方へ

大人のための欲張りピアノ [モーツァルト ピアノソナタ K.545 第2楽章] 徹底攻略

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました