【ピアノ】本番での演奏がうまくいかない理由

スポンサーリンク
本記事では、
「本番での演奏がうまくいかない理由」
3点にまとめて考察しています。

 

数多く本番を経験していると

演奏が思うようにいかない機会も出てくると思います。

本番で少しでもうまくいくように

私の日頃の発信でも

数多くのヒントなどを投げかけています。

それらをまとめてみると

大きく3点にまとまります。

演奏がうまくいかない時は、

「イメージ」
「手や身体の使い方」
「意識」

これらのどれかに原因があることがほとんどです。

 

「イメージ」が欠けていると

出したい音色が明確になりません。

したがって、

楽曲にそぐわない音色で演奏していても

自分自身でおかしいことに気づけないのです。

これは、

本番だけではなく練習の段階から必要なことです。

 

「手や身体の使い方」に原因があるというのは、

例えば、

「本番で運指を間違えてしまい、その直後が乱れてしまった」
「身体のタイミングが合わず、フォルテの時に力強い打鍵ができなかった」
「基礎がまだで、練習の段階から不安定のまま本番を迎えた」

などといった例です。

これらは、

「本番を想定した練習を普段からしておく」

これが、当たり前のようでいて忘れがちなポイントです。

そして、

基礎の安定性を得るためには

地道な積み重ね以外の近道はありません。

 

「意識」に関しては、

「こういうパッセージではこうなってしまいやすい」
「自分はこういうところで転ぶクセがある」

などと

「”既に知っていること” を普段きちんと意識して練習できているかどうか」

これがポイントです。

本番では細かなことを考えずに演奏できることが望ましいですが、

あらゆることを無心で出来るようになるのは

完全に体に入ってからです。

 

「イメージ」「手や身体の使い方」「意識」

この3つに原因をつくらない限り、

演奏が大成功する確率はグンと上がるでしょう。

また、本記事を通して、

「練習と本番はひと続きである」

ということを再認識していただけたらと思います。

 

「基礎」を徹底したい方は

以下の電子書籍も参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ テクニック-基礎と応用- 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました