【ピアノ】独学 : 入門者が絶対にやってはいけないこと

スポンサーリンク
本記事は、
ピアノの入門をためらっている方へ向けてのメッセージです。
「始め方のポイント」
「入門者がテキスト選びで絶対にやってはいけないこと」

を簡潔に解説しています。

 

ピアノの入門に興味を持っている方から

以下のような不安を伺うことがあります。

「私、両手で別の動きができないからムリだと思う」

そんなことはありません。

このような考えは

「まだやっていない方の思い込み」

と言えるでしょう。

 

いいですか、

みんな最初からカンペキに手が独立していたわけではありません。

私だって、始めた頃はまったくうまくできませんでした。

両手で同じような動きをしてしまうことは日常茶飯事でしたし、

親指の爪くらいの大きさがある大きな音符をやっとこ読んで

足の指くらい動かない手の指を何とか動かしていたんです。

ある一定の手順を踏んで学習しさえすれば

両手で別の動きはできるようになります。

 

独学の場合の教材選びのポイント、と言いますか、

絶対に気をつけなければいけない注意点は、

「初級者用ではなく ”入門者用” の教材を使う」

ということ。

一般的に「初級者用」と書いてある教材は

「すでに入門が終わっている」ということを前提としているケースが多く、

それを知らずに入門者がそこから始めてしまうと

挫折の原因になってしまいます。

 

私のおすすめは以下の教材です。ゼロスタートOKの神本です。

◉これから始める大人の趣味 ちょいモテ☆ピアノ~私のお気に入り編(CD付)

 

この書籍のいいところは、

とにかく解説が分かりやすいこと。

独学書にありがちな、

「いやいや、いきなりその飛躍はムリでしょ」

というような無茶も一切ありません。

楽譜も見やすく、独学者には最適です。

 

これからピアノを始める入門者へ向けて、

【節約】お金をなるべくかけないピアノの始め方

という記事を書きましたので、

あわせて参考にしてください。

♬ ピアノを始めたいけど、お金をかけずに小さく始める方法を知りたい
♬ ピアノをやっていると、どういうときにお金がかかるのか知りたい

 こういった「知りたい」情報を全部集めた記事です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました