【ピアノ】あいまいな連符を上手く歌う方法

スポンサーリンク
本記事では、
7連音符などの「曖昧(あいまい)な連符」を
どのように歌えば上手く演奏できるかを解説しています。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

 

シューマン : 謝肉祭 Op.9 より「オイゼビウス」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲頭)

1〜3小節目まで、右手のメロディに「7連符」が出てきます。

7連符などの

「割と音数が多い、2や3で割り切れない連符」

というのは、演奏方法に迷うという方も多いはずです。

 

演奏ポイントとしては、

「次の小節への “つなぎ” の音符をていねいに歌う」

ということ。

カギ括弧をつけた箇所です。

このように「小節終わりの数音」から「次の小節頭の音」にかけて

ていねいに歌うことで

非常に音楽的な接続ができます。

 

ショパンなどの楽曲では

例えば「22連符」といった

もっと細かい即興的なパッセージが登場しますよね。

似たような例として学びがあると思いますので、

次の記事もあわせてご覧ください。

【ピアノ】ショパンの即興的なパッセージを攻略するコツ

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました