【ピアノ】ショパンの即興的なパッセージを攻略するコツ

ショパンの楽曲では、
メロディが装飾されて「10連符以上」が出てくることも少なくありません。
一方、こういった連符は「左手との合わせ方」がわからなかったり、
「連符の終わりの部分」がつまってしまったりと、
演奏が難しいパッセージでもあります。
本記事では、このような、
「ショパンの即興的なパッセージ」を攻略するコツ
をお伝えします。

 

本記事で取り上げている楽曲は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

具体例として、

ショパン「ノクターン(夜想曲)第1番 変ロ短調 作品9-1」

を取り上げます。

他の楽曲でも基本的な考え方は応用できます。

 

次の譜例(3-4小節目)を見てください。

一部の音楽記号などは省略しています。

右手は「即興的」なフレーズです。

楽典上は点線を入れた箇所で左手のバス音と合うのですが、

必ずしも合わせていないピアニストも多いです。

アドバイスとしては、

「かなりゆっくり練習する時には合わせておき、
実際のテンポで演奏する時には自由に演奏する」

ということです。

「自由」といっても

どうしたらいいかわからないですよね。

そこで、水色のマーカー部分を見てください。

 

(再掲)

自由に22連符を演奏しても、

次の小節の頭は合わせなければなりません。

したがって、

「水色のマーカーで囲った3つの音を少し丁寧に演奏し、次の小節に入るタイミングを作る」

このようにすると良いでしょう。

「即興的なパッセージの最後の数音でタイミングを作る」

と考えて、他の楽曲にも応用できます。

 

ショパンのこういった長い連符は一種のウタの表現です。

決して、

「小節をピッタリ22連符で割ったタイミングで演奏する」

という意味ではありません。

 

音楽自体はかたくならないように注意しながら

今回ご紹介した内容を踏まえて

練習してみてください。

 

ショパン「ノクターン(夜想曲)第1番 変ロ短調 作品9-1」

をもっと詳しく学びたい方は、

以下の電子書籍を参考にしてください。

 

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました