【ピアノ】実は簡単!手の形を準備できる音型

スポンサーリンク
本記事では、
「分散和音の演奏難易度を下げる方法」
について解説しています。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

シューマン : 謝肉祭 Op.9 より「コケット」

譜例(PD作品、Finaleで作成、曲頭)

譜例の上段は、楽曲の右手部分です。

音符や休符が散らばっていて

何だか難しそうに感じますよね。

しかし、

観察してみると

「譜例下段の和音を分散させただけ」

ということに気付きます。

したがって、

「手の形を用意して指を下ろす」

たったこれだけで

用意せずに音を拾っていく場合よりも

演奏難易度が下がるのです。

用意を怠ると

手の動きが大きくなり失敗する可能性が高まります。

 

(再掲)

それに、

少なくとも今回の楽曲の場合は

このような方法をとることで

書かれているスラーも自然と表現できてしまいます。

この奏法でしたら

ブツブツ切れようがないからです。

 

今回話題にしたような

「手の形を準備できる音型」というのは

本当に多くの楽曲の中に含まれており、

「譜読みの段階でこれを見つけ出すことが大きなポイント」

と言えるでしょう。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました