【ピアノ】「音楽知識」と「勇気」を与えてくれる一冊を見つけよう

スポンサーリンク
あなたが
「音楽の方向性に迷ったとき」
「落ち込んで勇気をもらいたいとき」
そんなときに
道を正してくれる一冊の音楽書を見つけてください。

 

筆者自身、今まで山のような音楽関連書籍を読んできました。

本棚に残しているものは数冊のみで、

その中でも本当に出会って良かったと思えるものは

ほんの数冊のみです。

 

それらをよく眺めてみると

特徴が見えてきました。

筆者の場合、大きくは次の2パターンです。

◉ 圧倒的に有益な、分野特化型専門書
◉「音楽知識」と「勇気」を与えてくれる書籍

 

圧倒的に有益な、分野特化型専門書

 

この項目に関しては、

内容自体は堅いものです。

しかし、圧倒的に有益な、分野特化型専門書。

私にとってのそんな一冊は、

「楽式論  石桁真礼生 著(音楽之友社)」です。

 

こういったタイプの専門書は、

「いますぐ使える小技」

というよりは、

「音楽を根本から理解し、総合的な力をつけるためのバイブル」

といったところでしょう。

 

私の本棚から離れることは一生ないと断言できる一冊です。

 

「音楽知識」と「勇気」を与えてくれる書籍

 

こういったタイプの書籍を見つけて欲しい、

というのが

本記事を書いたいちばんの目的です。

どんな音楽書籍でも

一定水準以上のものであれば

それなりの「音楽知識」は与えてくれるはずです。

しかし、

中にはそれだけでなく

「勇気」も与えてくれる名著があるのです。

 

「どんな内容が勇気を与えてくれるのか」

というのは、

学習者によって異なると思いますが、

筆者の場合は、

「ストイックさ」や「スパルタ的な内容」

をもって解説してくれる書籍から

勇気をもらうことが大多数です。

 

筆者にとってのそんな一冊は、

「斎藤秀雄 講義録(白水社)」です。

 

非常に厳しい指導をしたことで知られている

故 斎藤秀雄氏のよる講義録。

音楽的な内容の充実度はもちろん、

この書籍を読むと

背筋がピンと伸び、勇気をもらえます。

自分の音楽がふらついたら

必ずこの書籍に戻ってくるようにしています。

 

あなたにも、

そんなホームポジションになるような一冊、

「音楽知識」と「勇気」の両方を与えてくれる一冊を

見つけて欲しいと思います。

 

あなたが音楽の方向性に迷ったとき、

落ち込んで勇気をもらいたいとき、

その一冊がきっと

「こっちへ戻ってこい」

と道を正してくれるはずです。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました