【ピアノ】巨匠から学ぶ、速く弾ける半音階の運指

スポンサーリンク
半音階を含めた、音階全般は
さまざまな運指を使って弾くことができますので
そのパッセージにふさわしいやり方を選び取るための知識が
必要になってきます。
詳しくは、本記事をご覧下さい。

 

運指を決めるときには

何を優先するかを決めなくてはいけません。

「覚えやすさをとるか、それとも、速く弾けるほうをとるか」

という例を挙げます。

 

ショパン「エチュード Op.25-7」 

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、52小節目)

上の譜例に記載したのは

コルトー版で紹介されている指遣いで、

下の譜例に記載したのは

初歩の教則本などでよく見られる

123の指しか使わずに半音階を弾く指遣いです。

 

123の指しか使わないほうが

圧倒的に運指を覚えやすいのですが、

いざテンポを速くピアニスティックに弾こうと思うと

コルトーが示した運指のほうが

断然効率よく打鍵できるのです。

練習次第では相当速く弾くことができます。

 

ひとつ理解すべきなのは、

ゆっくりさらっているときには

123の指のみしか使わないほうが弾きやすく感じるという事実。

単純で覚えやすいからですね。

だからこそ、

運指の知識をたくわえておかないと

ゆっくり弾いたときの最適にあわせて決めた運指を

いつまでも使ってしまう。

 

正直、どちらの運指でも弾こうと思えば弾けます。

しかし、

高度な仕上がりを目指すのであれば

コルトーの運指を使ったほうがいいでしょう。

速く弾けるほうをとるか、覚えやすさをとるか、

ということです。

 

ちなみに、

著名なピアニストの 故 園田高弘 氏は

「最新ピアノ講座 第6巻 ピアノ技法のすべて(音楽之友社)」

という書籍の中で

半音階において

以下の運指を愛用していたと語っています。

 

(譜例)

(以下、引用)
人間の手の構造上、
「12345」「1234」「2345」
という指遣いは、きわめて迅速、確実に使用することができるものであり
電光石火の奏法が可能となる。
(引用終わり)

とのこと。

私も習得しましたが

確かに速く弾ける運指となっています。

音を出して試してみてください。

 

先程のコルトーの運指を見てみると

この迅速に使用できる運指が適切に含まれていることが

分かりますね。

 

こういった運指のパターンを引き出しへ入れておくのも

テクニックの学習のうちです。

 

◉ 最新ピアノ講座 第6巻 ピアノ技法のすべて 音楽之友社

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました