【30秒で学べる】ショパン「スケルツォ第2番」ワンポイントレッスン

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

ショパン「スケルツォ第2番変ロ短調 作品31」ワンポイントレッスン!

譜例(Finaleで作成、5-7小節目)

5小節目、6小節目は共に ff の音ですが「その表現」は異なります。

5小節目はダンパーペダルを使用して音は繋げて、

手は「スタッカート」で演奏することで、

「音はつながっているけれど空間的な音にしたい」

という意図があると考えられます。

それに対して6小節目は「手でも音価を残す」ので

サウンドはもっと「密」なものになります。

ダンパーペダルを使用して手でも残すのと、

ダンパーペダルを使用して手はスタッカートにするのとでは、

出てくるサウンドが大きく異なります。

こういう細かなサウンドの違いを作曲家は使い分けているんです。

こういったところを読み取るのが譜読み。

 

今回の内容を「スクロール動画」で学びたい方はこちら!

【30秒で学べる】ショパン「スケルツォ第2番」ワンポイントレッスン

 

ショパン「スケルツォ第2番」を更に学びたい方へ

大人のための欲張りピアノ [ショパン スケルツォ第2番] 徹底攻略①

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました