【ピアノ】聴いておくべきドビュッシーのピアノ曲

スポンサーリンク
本記事では、
「新しい音色を知る」という観点で
絶対に聴いておくべきドビュッシーのピアノ曲を
紹介しています。
ショート記事です。

 

ドビュッシーが作曲した、

「前奏曲集 第1集 より アナカプリの丘」

という作品をご存知ですか?

 

この作品の最後に

超高音域で5つの音が強奏されます。

このサウンド、

ぜひ耳で確かめてください。

とても重要な音色です。

 

ピティナ ピアノチャンネル PTNA(公式)より
ドビュッシー/プレリュード第1集5.アナカプリの丘/セルゲイ・サロフ

 

このような

「突き刺すようなピアノの ”単音” のサウンド」

というのは

この作品以前の時代にも皆無ではありませんが

かなり珍しいことでした。

ある意味「近現代のサウンド」と言えるでしょう。

その後、シェーンベルクや武満徹などが効果的に用いました。

ピアノ以外の楽器では出せない、

とても印象に残る音色です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました