【ピアノ】譜読みで気をつけるべき「小節内有効臨時記号」

本記事では、
「譜読みで気をつけるべき重要点」
をピックアップしてご紹介しています。

 

本記事で取り上げている楽曲は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

「革命のエチュード」で譜読み間違いがよく起きている

以前にこの記事でもご紹介した内容ですが、

ショパン「革命のエチュード」では

譜読み間違いがよく起きている要注意スポットがあります。

今回、再度ご覧に入れます。

「同じ小節内での有効臨時記号」の見落としが原因です。

 

ショパン「革命のエチュード」

譜例(Finaleで作成、7小節目)

 譜例で、3拍目の大音符表記にした音、

ここはフラットではなくナチュラル!

間違えて演奏している方が本当に多いです…。

1拍目のナチュラルがまだ有効ですから、気をつけましょう。

 

一例としてこの楽曲を取り上げましたが、

楽曲が変わっても同様に注意する必要があります。


「ロシアもの」の譜読みは注意深くおこなうべき

「ロシアもの」の作品、特に、

プロコフィエフやラフマニノフに取り組むときには、

「同じ小節内での有効臨時記号」に要注意。

 

これらの作曲家の作品では、

臨時記号がたくさん出てくる上に

ゆっくり弾いていると

合っているのか間違っているのか分かりにくい曲が多い。

相当注意しないと譜読みミスが発生します。

 

例えば、

プロコフィエフは

初期の作品は「ロマン派の雰囲気」が濃く出ており、

年代を重ねるごとに「近現代の作風」に近づいていきます。

しかし、比較的分かりやすい初期の作品でも

譜読みには注意が必要。

「ピアノソナタ第1番 ヘ短調 作品1」

曲調こそ聴きやすい作品ですが、

臨時記号がたくさん出てきます。

それに「12/8拍子」という特徴もあり、

1小節に入る音数がとても多い。

そのせいか、

実際にこの楽曲で

「同じ小節内での有効臨時記号」

を見落として譜読みしている演奏を

何度も耳にしたことがあります。

ピアノの先生もなかなか気づかないものなのです。

 

音を間違えて譜読みしてしまっていると

後ほど修正するのはとても大変です。

「最初の段階から丁寧に読んでいくことが、結局は完成への一番の近道」

と心得て進めていきましょう。

 

◉大人のための欲張りピアノ [革命のエチュード] 徹底攻略①


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました