【ピアノ】縦軸と横軸をいかにバランスよく使うか

スポンサーリンク
本記事では、
中級者以上の学習者を対象に
「音楽を立体的に組み立てていくためのヒント」をご覧に入れます。

 

音楽を立体的に組み立てるために必要なことはたくさんあります。

その中の一つが、

「縦軸と横軸をいかにバランスよく使うか」

ということです。

ここでいう「縦軸」「横軸」とは、

縦軸・・・瞬間的に鳴る和声のこと
横軸・・・メロディに対する対旋律など、同時に進行する「線」の声部

 

縦軸は、音楽理論でいう「和声学」

ある瞬間を縦に切り取った時に

そこでどのような和声が鳴っているのかという軸です。

つまり、基本としては「モノフォニック」な表現です。

 

横軸は、音楽理論でいう「対位法」

2つ以上の「線」としての声部が同時進行している時の軸です。

つまり「ポリフォニック」な表現です。

例えば、

J.S.バッハ「2声のインヴェンション」は

2つの「線」が動きながら楽曲が進んでいきますよね。

それに対して、

「メロディ + アルベルティ・バス」

などの音楽表現は

ポリフォニックではなく、

どちらかというとモノフォニックです。

 

話を戻します。

「縦軸と横軸をいかにバランスよく使うか」

ということが

「音楽を立体的に組み立てていくためのヒント」

となるのですが、

「組み立てていく」というと難しく感じると思いますので、

まず最初に意識すべきことをお伝えします。

「J.S.バッハなどのポリフォニックな楽曲でも、
“縦軸の和声はある” ということを意識して演奏する」

これがポイントです。

もう少し具体的に解説します。

例えば、

J.S.バッハ「2声のインヴェンション」では

2つの「線」が動きつつ楽曲が進んでいきながらも

「どこにトニックがきて、どこにカデンツがあって、〜」

などといったことがはっきりとしていますよね。

ここで言いたいのは、

J.S.バッハは2声のインベンションを

なんとなく2本の線で作曲しているのではなく

「同時に鳴る和声」というものを絶対に意識した上で

作曲しているはずだということです。

そうでないと、

天才が作った楽曲でも

もっとモーダルな音楽になるのです。

そういったこともあり、

2本の線それぞれをバランスよく弾いていきながらも、

「その瞬間に縦に切り取ったらどんな和声が鳴っているのか」

ということを意識しながらバランスを作っていかないと

プロの演奏には近づきません。

全体で聴いた時のバランスを最高のものにするには

「縦軸」「横軸」という2つの視点が必要なのです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました