ダンパーペダル

スポンサーリンク
レガート

【ピアノ】ペダルに頼りすぎずに運指でレガートへ肉薄するのが原則

ペダルに頼りすぎず、運指でレガートへ肉薄すること。 そして、その運指を見つけるのを簡単にあきらめないこと。 詳しくは、本記事をご覧ください。 ダンパーペダルに頼ることで 手は離してしまっても 音をつなげることが...
ペダリング

【ピアノ】ペダルによる色彩はバランスがすべて

「ペダルを使うことによって、いつもいつでも同じ色彩になってしまわないように気をつける」 このことに意識をもつべきなのは どの楽曲の場合も原則変わりません。 「ピアノ・ペダルの芸術」 著 : アルガーノン・H.リンド 訳 :...
譜読み

【ピアノ】伸ばしているべき音を再打鍵しなければいけないときの対処法

ピアノという楽器では、 伸ばしていたい音があっても 再びその音がでてきたら 鍵盤を上げなくてはいけません。 ペダルも使えない場面での対処法を解説します。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用でき...
ピアノアレンジテクニック

【ピアノ】とりあえず文句は言われないペダリングの書き方

本記事では、 ペダリングをどのように楽譜へ書き込むべきか についての簡易的な例を解説しています。 本記事で取り扱うのは ほんとうに基本的なペダリングのみ。 3本のうちダンパーペダルに限って扱い、 ハーフペ...
ペダリング

【ピアノ】下行型のメロディをペダルで和音化しないほうがいい場合の具体例

ダンパーペダルによる「和音化」という考え方は 常にペダリング解釈へ影響することを 覚えておいてください。  【ピアノ】「ペダリングでは濁っていなければいい」から卒業する方法 という記事では 音域が高い音のほうが ...
ペダリング

【ピアノ】ピアノの歴史を知ることでペダリングにも影響する

ピアノの歴史を知ることで、 作曲家が指示したペダルを鵜呑みにせず 現代のピアノではそれをどう演奏すればいいのか を考える材料になります。 ベートーヴェン「ピアノソナタ 第17番 テンペスト 第1楽章 Op.31-2」 ...
ペダリング

【ピアノ】分散和音をペダリングで対比にするとはどういうことか

ダンパーペダルを何の問題もなく使える場所 であるにもかかわらず、 あえて使わない選択も考えられますね。 この考え方を上手く取り入れることで 音楽表現の幅が多彩になります。 【ピアノ】試してみることをしないペダラーになら...
ペダリング

【ピアノ】高音域の特性を考慮したペダリング

高音域では 比較的長くダンパーペダルを使っても 問題が起きにくい理由と、 その実用例を取り上げます。 【ピアノ】なぜ、超高音域にはダンパーがないのにペダルがきくのか という記事でも書きましたが、 ピアノの最高...
ペダリング

【ピアノ】ダンパーペダルは七難隠さない

タイトルから 「ダンパーペダルでテクニックのアラを隠すのはNG」 という内容を想像したのではないでしょうか。 今回はそうではなく、 もっと大切な騒音・雑音面の話題へもっていきます。 ダンパーペダルを踏み込むと す...
ペダリング

【ピアノ】なぜ、音を出した後にソフトペダルを踏んでも効かないのか

今回は、ペダルに関しての小ネタ。 「そういうものだから」で済ませずに ピアノのことを 成り立ちから理解していきましょう。 ダンパーペダルは 音を出す前に踏んでおいても 音を出してから踏んでも 効果がある...
ペダリング

【ピアノ】初心者向け : 締めくくりの強打ではペダルを踏む

まだ難しいペダリングは分からなくても まずは本記事で取り上げているやり方を覚えて ちょっとレベルアップしましょう。 初心者にとって どこでダンパーペダルを使用するかは 悩みの種だと思います。 楽譜にペダリ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】押し引きを意識して音楽的に

「押し引き」というのは 結構高度な考え方ですが、 作品をより高度に仕上げていくうえでは欠かせません。 本記事を参考に 是非意識して欲しいと思います。 「押し引き」と言うと アゴーギクのことをイメージするかもしれま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました