アゴーギク

スポンサーリンク
ダイナミクス

【ピアノ】揺らさずに歌うコツ

ピアノを通して歌うにあたって、 「揺らす」以外にもできることはあります。 「歌う」という言葉は ピアノにおいても ひんぱんに使われますね。 「歌う」と耳にすると 揺らすことばかりを考える傾向が強いよう...
アゴーギク

【ピアノ】拍へ入る前に待たず、入ってから待つ

拍へ入る前に待ってしまうのと、 入ってから待つのとでは 音楽の流れがまったく異なります。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 ショパン「エチュード op.25-12(大洋)...
マスタークラスのメモ

【ピアノ】ピーター・コラッジオのセミナー(2005年)のメモより

著名なピアニスト、ピーター・コラッジオが 2005年に日本でおこなったセミナーより 重要な部分を2点紹介します。 スクリャービンのプレリュードのレッスンでしたが、 そのアドヴァイスは 他の作品にも応用できるでしょう。 ...
アゴーギク

【ピアノ】時間をとるところは、必ずしもセクションの変わり目ではない

「演奏上、どこで時間をとるか」 というのは たびたび頭を悩ませます。 本記事では、 それを解決するヒントのひとつを解説します。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 モー...
譜読み

【ピアノ】楽譜は飾り付けをしていないクリスマスツリー

本記事では、 楽譜を忠実に読むことの大切さと その不完全さを解説します。  「楽譜はレシピ」 「楽譜は案内図」 などとあらゆる言語表現が用いられますが、 あえてさらに付け足すとしたら 「楽譜は飾り付けをしていな...
アゴーギク

【ピアノ】メロディとバスをずらさないほうがいい箇所の見分け方

メロディとバスを微妙にずらすやり方は ロマン派の作品を中心に 不自然に取り入れられていることが多い奏法。 本記事では、 ずらさないほうがいい箇所の見分け方を解説します。 楽譜上は同時に発音するように書かれていても ...
アゴーギク

【ピアノ】指揮者から受けたピアノレッスン

以前に筆者が指揮者から受けたピアノレッスンは ピアニストから受けるレッスンとは異なる部分もありましたが、 とても勉強になるものでした。 筆者は指揮者の先生によるピアノレッスンを受けたことがあるのですが、 そのときに、...
テンポ関連

【ピアノ】テンポ指示を判断するときに注意すべきこと

テンポ指示であるM.M.の書かれ方をよく見ると その音楽の特徴が分かります。 詳しくは、本記事をご覧ください。 ♩= 80 などと作曲家が具体的なテンポ指示を残しているケースがあります。 とうぜん、 目安として...
アゴーギク

【ピアノ】「転んじゃった」と「巻いた」の区別の仕方

「転ぶ」「巻く」などという言葉は 音楽でもよく使われますが、 その違いはどこにあるのでしょうか。 ひとつ例を挙げます。 ショパン「バラード第1番ト短調 作品23」 譜例(PD作品、Finaleで作成、175-1...
アゴーギク

【ピアノ】音楽を前のめりにしても問題が起きにくいところ

ちょっとしたアゴーギクや accel.を伴ったテンポ変化など、 特定の音楽には動きがあるもの。 本記事では、 どういったところで 前向きテンポが違和感なくハマるのかについて 解説しています。 音楽を前のめりにしても...
アゴーギク

【ピアノ】アゴーギクへの自由度の与え方

本記事では、 意外と身近なところにある アゴーギクを自由に表現するヒントを 紹介しています。 アゴーギクが上手く表現できずに悩んでいる方は多いと思います。 その原因は 演奏時の「拍の捉え方」にあるかもしれませ...
アゴーギク

【ピアノ】音を切らないでフレーズ構造を分からせる方法

音楽の流れの中で どのように 呼吸を入れて 時間を扱ってあげるのか。 それによって 自分がその作品のフレーズをどのように理解しているのかを 聴衆へ伝えましょう。 ひとつづきのメロディがあるときに 「フレー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました