【ピアノ】オクターブユニゾンのパッセージでは片手練習を

スポンサーリンク
両手によるオクターブユニゾンのパッセージでは
片手練習を必ずおこないましょう。
そして恐れずに、それを録音してください。

 

【ピアノ】おおむね弾けるようになったら、片手練習を減らす

という記事で、以下のように書きました。

ピアノ音楽はやはり
「両手で弾く音同士のバランスをとっていくこと」
これを前提として書かれています。
したがって、
おおむね弾けるようになってからも
片手練習が多すぎると
むしろマイナスになることも。

 

ただし、

「オクターブユニゾンによる、スケールやアルペジオなどのパッセージ」

の場合は例外です。

おおむね弾けるようになってからも

片手練習を取り入れて構いません。

 

オクターブユニゾンのように

音域が異なるだけで

同じことを演奏していく場合は、

利き手ではないほうでやっていることが

利き手がやっていることに釣られて

できているかのように勘違いしてしまうことがあります。

 

片手で弾くときと両手で弾くときでは

使う頭脳も異なるので、

片手練習が七難隠すわけではありません。

しかし、

片手で出来ないことが両手で出来ることはまずなく、

あったとしたら、それは勘違いです。

まず、どちらの手で弾くパッセージも

同じくらいピカピカに仕上げてから

両手で練習するべき。

そして、両手でのバランスもとっていきます。

 

ショパン「エチュード op.25-12(大洋)」

のような、

「音自体は異なるけれどもリズムは同じタイミングで動くリズミックユニゾン」

においても、同様の練習が必要。

 

特にこの楽曲の場合は

ダンパーペダルをしっかりと踏み込んで演奏することが通常なので、

余計に出来ていない部分が隠蔽されてしまいがち。

 

片手練習をして、なおかつ、

恐れずにそれを

録音&チェックしてみてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました