【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.570 第3楽章」ワンポイントレッスン

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

モーツァルト「ピアノソナタ 変ロ長調 K.570 第3楽章」ワンポイントレッスン!

譜例(Finaleで作成、曲頭)

まずポイントになるのは「アウフタクトのB音の出し方」です。

たった一つの音が鳴っただけでは聴き手はテンポがわかりません。

その後にもう一つの音が鳴ることで

「音と音との到達時間の差」ができて

まだ完全ではありませんが

「テンポの最小単位」になりますね。

これを踏まえるとアウフタクトの重要性がわかるはずです。

つまり、アウフタクトの弾き方次第で

「テンポの基準の大元」

が決まってしまうのです。

どのようなテンポで演奏を進めていくかを

きちんと頭に鳴らしてから弾き始めましょう。

 

今回の内容を「スクロール動画」で学びたい方はこちら!

【30秒で学べる】モーツァルト「ピアノソナタ K.570 第3楽章」ワンポイントレッスン

 

モーツァルト「ピアノソナタ K.570 第3楽章」を更に学びたい方へ

大人のための欲張りピアノ [モーツァルト ピアノソナタ第17(16)番 K.570 第3楽章] 徹底攻略

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました