【ピアノ】初心者向け: 意図していない鍵盤まで下ろしてしまうミスの対策

スポンサーリンク
本記事では、
初心者が特に「和音の打鍵」に関して直面する問題を取り上げて
対策を解説しています。

 

ある音を打鍵したときに

他の指が

意図していない鍵盤まで下ろしてしまい音が出てしまう、

こういったミスに悩んでいる初心者は

多く見受けられます。

特に、和音を打鍵するときに

この問題が起きやすくなっています。

 

対策があります。

とうぜんのことのようですが、

弾かない指は鍵盤から離しておいてください。

もちろん、ムリヤリ高く上げておくのではなく

指先が鍵盤に触れていなければOK。

 

動かしたい指を動かすと

勝手に隣の指も少し動いてしまうのを

体験したことありますよね。

鍵盤というのは非常に動きやすいものなので

表面に指が触れていると

この少々の動きでも打鍵してしまうことがある。

これを避けるためには、

少しでもいいので

鍵盤から指を離しておく必要があるということ。

 

なかなかうまくいかない場合は

「手首が上がりすぎていないか」

これを確認してみてください。

 

個人によって体格が異なるので

最適の位置を一概には言えませんが、

原則、イスが高いと手首が上がりすぎます。

ピアノへ向かってみると分かるように、

手首は低めのほうが

特定の指を鍵盤から離すのが容易になる。

単純に、指の上げ下げがやりやすくなるからです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました