【ピアノ】和音跳躍におけるポジション準備の方法

スポンサーリンク
和音跳躍における
手のポジション準備のポイントは、
無駄な動きを最小限にすることです。

 

具体例で見てみましょう。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第18番 変ホ長調 作品31-3 第3楽章」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、トリオの最初部分)

このように和音の跳躍で

少し音が変わる場合は

すぐに手のポジションを準備し直さないといけません。

しかし、跳躍するときに

わざわざ卵形に近いくらいに縮こめたりと

無駄な動きを挟んでしまう例が

見受けられます。

 

譜例のような和音から和音への跳躍では

原則、手指が余分な動きをせず

最短距離で移動してください。

加えて、

次の和音を弾くために

ポジション移動しないといけない指のみを動かし、

それ以外は前の和音の形をそのまま維持させましょう。 

とうぜん、音域が上がるときと下がるときのどちらも。

 

「手を移動させてポジション準備のみをする練習」

をしてみるのも、有効な方法です。

 

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました