【ピアノ】ダイナミクス記号「fp・pf」の演奏方法

スポンサーリンク
本記事では、
ダイナミクス記号としての
fp pf のそれぞれについて
演奏法を解説しています。

 

fp は以下の2パターンに解釈されます。

① その音を急激に強めて、すぐに p へ弱める
② すぐに p へ弱める

 

①は、アクセントと subito p を組み合わせたような効果。

②は、純粋に subito p と同様の効果。

 

fp が出てきたら

どちらの表現がふさわしいかを

前後関係も踏まえて

考えるようにしましょう。

 

次に pf ですが、

ダイナミクス記号としてのこれは

piano forte ではなく

poco forte になります。

 

ハイドンのソナタに出てくるもので、

「少し強く」

の意味で捉えてください。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました