【ピアノ】弾きこぼれたものをきちんと拾って練習を終わらせる

スポンサーリンク
「速く弾く練習」や「通し練習」での弾きこぼれを整えてから
その日の練習を終わらせることで
いくつかのメリットがあります。

 

日頃の練習では

「ゆっくり練習(拡大練習)」に加えて

◉ 譜読み段階の曲で、テンポを上げるべく速く弾く練習
◉ 仕上げ段階の曲での、通し練習

などの練習も取り入れることと思います。

 

後者ふたつの練習は

有効な練習ではあるのですが

問題点もあります。

とうぜんのことではありますが

「弾きこぼしをつくりやすい」

ということ。

 

弾きこぼしをつくったまま放置してしまうと

それが身体へ染み込んでしまいます。

だからこそ、

速く弾く練習ばかりしたり

通し練習ばかりするのは

むしろマイナスになってしまうのです。

 

速く弾いたら、

その部分をゆっくりさらって

弾きこぼしやその他の音楽面を整える。

それを繰り返していく。

一度通し練習をした場合も、必ず整える。

 

この皿回しのような練習をすることで

良くないクセをつけることなく

あらゆる練習の恩恵を受けることができます。

 

そして、もうひとつ重要なのは

「こぼれたものをきちんと拾って、その日の練習を終わらせる」

ということ。

やはり、良くない染み込みを防ぐためと

練習後にその日1日、モヤモヤを残さないために。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

コメント

タイトルとURLをコピーしました