【30秒で学べる】ショパン「マズルカ 作品7-1」ワンポイントレッスン

スポンサーリンク

 

ショパン「マズルカ第5番 作品7-1」ワンポイントレッスン

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、4-6小節の右手)

4小節目と5小節目の2分音符は「和声音」です。

しかし、6小節目の2分音符は「非和声音」で「緊張」があり、

それが次の小節のF音で解決します。

こういった同型反復の中での「微妙なニュアンスの差」を

読み取っていきます。

 

装飾音符は

きわめて短く軽く演奏しましょう。

どうしてかというと、

右手に16分音符が多く出てくるので、

装飾音符を長く演奏してしまうと

「16分音符と区別がつかなくなってしまう」からです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました