譜読み

スポンサーリンク
ダイナミクス

【ピアノ】sf を見た瞬間にハンコを押さない

本記事では、 sf を見たときにおちいりがちな表現の指摘と 表現のポイントを解説しています。 sf を表現するときに重要なのは 「その記号がどこの声部の強調を意図しているのか」 という視点です。 ...
アゴーギク

【ピアノ】エスプレッシーヴォとルバートの表現の共通点

重要な音と重要でない音をしっかりと見分けることが エスプレッシーヴォとルバートの表現にとって 欠かせない視点となります。 「ピアノ演奏おぼえがき」 著 : ハンス・カン  訳 : 城 房枝  / 音楽之友社 という書...
ペダリング

【ピアノ】ペダルでバスをどこまで伸ばすかの実例解説

「ペダルでバスをどこまで伸ばすか」 ということは 音楽表現と直に結びついており、 重要な視点と言えるでしょう。 本記事では、 作品の断片を使って 楽曲理解をするところから含めて やや細かく解説をしていきます。 具...
書き込み

【ピアノ】繰り返しで少しだけ変わったところにはマーキングするに限る

「繰り返しで少しだけ変わったところ」 これが重要かつ、暗譜で足を引っ張るタネ。 譜読みのときにマーキングをして 目立たせておきましょう。 いざ暗譜をする段階になったらどうすればいいのか についても解説します。 具体例...
練習の継続方法

【ピアノ】譜読みをする自分への発破のかけ方

「譜読みをするときには、もっとモチベーションを上げてもいい」 これは、最近つくづく感じていることです。 筆者自身、「譜読み」という過程をとても重視していますし、 本Webメディアでも 譜読み関連の記事に相当力を入...
モーツァルト

【ピアノ】モーツァルトのピアノ音楽を読み解く3本の柱と、それを学べる参考書籍

本記事では、 モーツァルトのピアノ音楽を読み解くために必要な3本の柱と それらを学習するために どんな参考書籍を参照すればいいのかについて 解説しています。 モーツァルトのピアノ音楽を読み解くためには あらゆる知...
譜読み

【ピアノ】ちょっとした音型にも、たいてい関連性が隠されている

「ちょっとした音型にも、たいてい関連性が隠されている」 ということを踏まえたうえで 譜読みをするようにしてみましょう。 そうすると、楽譜から取れる情報が多くなります。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え...
譜読み

【ピアノ】緩徐楽章の曲尾では音価に注意

数拍足りないのに 平気で先へいってしまうというのは、 想像以上に大きな問題です。 詳しくは、本記事をご覧ください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 モーツァルト「ピア...
譜読み

【ピアノ】譜読みが終わった後に他版の運指を比較研究すると超有益

本記事では、 運指に強くなる学習方法のひとつについて 解説しています。 これから解説する学習方法は 本番までまだ時間がある場合しか出来ないものですが、 たいへん効果的な方法となっています。 やり方...
譜読み

【ピアノ】伸ばしているべき音を再打鍵しなければいけないときの対処法

ピアノという楽器では、 伸ばしていたい音があっても 再びその音がでてきたら 鍵盤を上げなくてはいけません。 ペダルも使えない場面での対処法を解説します。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用でき...
テンポ関連

【ピアノ】速度標語は、譜読みが終わった後に見直そう

譜読みが終わった後というのは 楽曲理解が圧倒的に深まっているため、 速度標語に関するとらえ方にも 変化が起きている可能性があります。 古典以前の作品など メトロノーム速度指示が書かれていない作品の場合は、 A...
譜読み

【ピアノ】なぜ、我々は音色にうとくなりがちなのか

我々が日頃使っている楽譜には 音色の情報が少ないので、 通常の書き込みや記譜から 求められている音楽を読み取って 音色を考えていかなければいけません。 我々は、 ◉ どんなピッチの音を弾くか ◉ どんなリズムで弾く...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました