譜読み

スポンサーリンク
フレージングとアーティキュレーション

【ピアノ】1×4とも2×2とも解釈できるフレーズ

フレーズのグルーピングをどのように捉えるかによって とうぜん、出てくるニュアンスも変わる。 複数のグルーピング解釈ができるケース について取り上げます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応...
譜読み

【ピアノ】ダイナミクス以外の対比表現にも目を向ける

対比表現というのは ダイナミクスによるものがもっとも分かりやすく、 かつ、使われる頻度も多い。 しかし、それ以外の対比がとられることもあるので 注意深く目を向けなくてはいけません。 具体例で見てみましょう。 ...
譜読み

【ピアノ】音が途切れても音楽のつながりは途切れさせない

メロディの音が途中で途切れている場合も どの音がどの音と一緒にグループをつくっているのかを よく読み取るようにしましょう。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モー...
装飾音

【ピアノ】音が増えたり細かい音価を見たら注意すべきこと

音が増えたり音価が細かくなったときに 演奏の苦労が伴って表現が重くならないよう 注意しましょう。 求められている表現は たいてい、正反対です。 多くの楽曲でいえる一般的なこととして、 ダイナミクスの変化がないまま...
譜読み

【ピアノ】隠れシンコペーションを見抜く

楽曲の中には あまり目立たないカタチで シンコペーションが隠されていることもあります。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「ピアノソナタ 変ホ長調 K...
譜読み

【ピアノ】曲頭のつかみを一気に弾き切る

ときどき出てくる、開演ベル的な曲頭のつかみ。 それらの適切な演奏方法は楽曲によりますが、 本記事では 「一気に弾き切るべき例」 をいくつか挙げておきます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方...
譜読み

【ピアノ】より強い表現をしている小節を見抜く

作曲家がダイナミクスで指示していないからといって 必ずしも同じような表現を並べるのでなく、 音域、音の厚み、ハーモニーの使い方などをよく観察して 各部分の表現の差を見抜きましょう。 具体例で見てみましょう。 楽曲が...
譜読み

【ピアノ】きちんと読譜力をつけることの重要性を軽視しない

きちんと読譜力をつけることを軽視せずに それが優先課題くらいの気持ちで 学習してみましょう。 以前に、 音大の先生ではないのですが 音大生を個人でたくさん指導してきたとある方が 「楽譜をきちんと読む力もつかな...
譜読み

【ピアノ】指がかぶってくる場合は、上げる位置を決めておく

ピアノという楽器では、 ある程度のところまで鍵盤を上げないと 同じ音を再打鍵することはできません。 これによって問題が起きる例のひとつを 本記事で扱います。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え...
譜読み

【ピアノ】メロディのアクセントの位置が変わると色彩が変わる

【ピアノ】基礎:各声部同士のバランスのとり方 という記事で、 オクターヴで演奏されるメロディでは 上のラインと下のラインのどちらを強調するかで色彩が変わると 書きました。 これを分散和音のカタチで表現した例を見てみましょう。 ...
譜読み

【ピアノ】無表情の表現を読み取る

無表情に演奏したほうがいいと感じる部分は その感覚を大切にしましょう。 音楽演奏では すべてがすべて 表情過多になる必要はありません。 多くの作品では 表情をしっかりとつけたほうが 魅力的に聴こえます。 ...
譜読み

【ピアノ】和音の響きを際限なくする方法

和音の響きを多彩にするためにできるのは、 ペダリングの工夫のみではありません。 和音の各音のバランスに目を向けることで もっと多彩にすることが可能です。 和音の中のどの音をどれくらい聴かせて どの音をどれくらい隠す...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました