譜読み

スポンサーリンク
楽曲分析(アナリーゼ)方法

作曲家が低音保続を使う意図 4選

バロック〜近現代まで幅広い作品に出てくる「低音保続」の手法。 では、 作曲家は 「何のために」「どういった時に」 その表現を使うのでしょうか。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院...
譜読み

【ピアノ】せき込み表現を読み取ろう

本記事では、 「せき込み表現」は楽譜でどのように記されるのかについて 具体例を挙げて解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得してい...
スタッカート

【ピアノ】スタッカートがついた音符の長さに注意

本記事では、 【ピアノ】スタッカート奏法のまとめ(基礎テクニック) を土台として、さらにスタッカート奏法の注意点に迫っていきます。 「スタッカートをつけた音符の長さ」 について学びましょう。 記事の信頼性 ...
譜読み

【ピアノ】デッサンをしっかりとることが出発点

本記事では、 譜読みにおいて いちばんと言ってもいいほど大切なことをお伝えしています。 必ず見直すべき項目です。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽...
譜読み

【ピアノ】オーソドックスな対比表現の一覧

【ピアノ】「対比の表現」の見つけ方 という記事の補足として、 対比の種類を一覧でながめられるようにしました。 本記事で整理して 次からの譜読みに活かしましょう。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学...
譜読み

【ピアノ】よく聴かれるアーティキュレーションの誤り

本記事では、 アーティキュレーション関連のうち 楽譜に書かれていることをやっているつもりでも 実は謝った演奏をしてしまっている頻出例を取り上げています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院...
譜読み

【ピアノ】頻出リズムで学ぶ、「重み入れ」の基礎

本記事では、 頻出リズムを取り上げて 「どの音の重みを入れればいいか」 という「重み入れ」の基礎を解説しています。 「譜読み」の領域の話題です。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲...
譜読み

【ピアノ】頻出!回り込みのメロディに注意

多くのメロディに使われている「回り込みによる装飾」。 本記事では、それらの音楽的な演奏方法を解説しています。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、 修士号(音楽)を取得...
譜読み

【ピアノ】楽譜というのは料理におけるレシピ

偉大な作曲家の作品であれば、 「楽譜通りに弾く+α」だけでも +αさえ忘れなければそれなりに立派な音楽が出てくるでしょう。 一方、楽譜を鵜呑みにしてはいけないケースもあります。 その点について今回は解説します。 記事の信頼...
譜読み

【ピアノ】スフォルツァンドの解釈

「sf(スフォルツァンド)」の意味は ただ一つだけではありません。 ドイツでの音楽教育の内容も踏まえて その内容をまとめていきます。 記事の信頼性 筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で...
テンポ関連

【ピアノ】音価によるテンポ変化を見分けよう

本記事では、 テンポ自体は変わっていなくても テンポが変わったように聴こえる記譜について 話題にしています。 具体例を挙げます。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ショパン「ノクターン第20番 嬰ハ...
譜読み

【ピアノ】アクセント記号には注意が必要

本記事では、 多くの楽曲に出てくる「アクセント記号」について その演奏注意点を解説しています。 ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」(Rhapsody in Blue) という名曲がありますよね。 オーケスト...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました