捨てる、減らす

スポンサーリンク
捨てる、減らす

【ピアノ】2024年5月版 最近、ピアノ関連でやめたこと 3つ

筆者は「減らす」ということを 日々の生活をはじめ 音楽においても重視しています。 本記事では 「2024年5月版  最近、ピアノ関連でやめたこと」 を3つ共有します。 最近やめたことは、大きく以下の3つ。 ◉ iP...
捨てる、減らす

【ピアノ】気が散る原因をすべて消して集中しよう

目の前の練習や音楽学習へ集中するために必要なのは、 自分への言い聞かせではなく 環境整備です。 詳しくは、本記事をご覧ください。 その日の練習や音楽学習を始めたものの  気が付いたら わずか数分で違うことを考...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】ピアノの周りをスッキリさせるシンプルなコツ

本記事では、 小休憩(coffee break)として ちょっと軽めな話題を取り上げます。 ピアノ上の片付けについて。 ピアノの周りをスッキリさせるために いくつかの方法を試したうえで 有効に感じた簡単なやり...
小休憩(coffee break)

【ピアノ】楽譜が散らかりにくい楽譜棚にする方法

本記事を参考に 「散らかりにくい楽譜棚」 に変えてください。 再び楽譜が散乱する可能性を グンと下げることができます。 楽譜の散乱というのは、ほんとうにあるある。 思い切って片付けをしても あれよあれよとい...
捨てる、減らす

【ピアノ】体格的に弾けない曲は、今世は無視しよう

体格的に弾けない作品は、今世は諦めてください。 そうすることで その時間を使って 一生付き合える他のピアノ音楽に出逢うことができます。 【ピアノ】なぜ、自分にあわない楽曲は切り捨てるべきなのか という記事で ...
捨てる、減らす

【ピアノ】演奏でも創作でも、ひとつ入れたらひとつ減らそう

自身の音楽周辺のあらゆることを見直して 「増やしたら減らす」の視点をもって 一度整理してみましょう。 日頃の練習で 新しい練習方法などを取り入れることもあると思いますが、 原則、新しい要素をひとつ入れたら ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】おおむね弾けるようになったら、片手練習を減らす

片手練習は 譜読みはじめの段階から おおむね弾けるようになるまでの期間にとっては 有効な練習方法ですが、 それ以降は ほとんどやらなくてもいいでしょう。 片手練習は、 ◉ 難しいところを部分練習する ◉ 難しいと...
捨てる、減らす

【ピアノ】なぜ、自分にあわない楽曲は切り捨てるべきなのか

自分にとって頑張ってもできないことは認めて できるところで挑戦してください。 以前に、 動画番組か何かで目にした 「海外で著名なダンサーが、日本の若手をプロデュースして育てる」 という企画が面白かったのです...
捨てる、減らす

【ピアノ】取り組む作品をすぐに浮気しそうになる心のおさえ方

譜読みのたいへんさもあり、 新しい作品へのとっかかりで 曲の浮気ばかりしていませんか。 そういった浮気心のおさえ方を解説します。 「あの曲をやりたい、この曲もやりたい」 という興味は大切で、 多くの作品に触れ...
捨てる、減らす

【ピアノ】演奏者である自分自身を熟知するとはどういうことか

ネイガウスが有名書籍の中で語った 名人になるための3つの条件のうち、 「演奏者である自分自身について熟知する」 とはどういうことなのかを解説します。 「ピアノ演奏芸術―ある教育者の手記 ゲンリッヒ・ネイガウス 著/森松皓...
捨てる、減らす

【ピアノ】しぼるのは、タイミングが大事

音楽を永く続けていきたいと思っている場合、 最低限のことは幅広く学んで その後に自分の好きな部分を中心にしていきましょう。 詳しくは、本記事をご覧下さい。 好きな楽曲に取り組んでいる限り、 練習は楽しいですし ...
捨てる、減らす

【ピアノ】残したい作品を見極め、手放す作品を決めよう

「決断」とは 漢字の通り「手放すと決めること」です。 一度、レパートリーの整理をしてみましょう。 音大生の頃、 それまで取り組んできた作品を 改めてリスト化してみたのですが、 忘れてし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました