運指

スポンサーリンク
フレージングとアーティキュレーション

【ピアノ】運指でわざとアーティキュレーションを切る

アーティキュレーションの表現のしやすさは 運指が大きく影響しています。 詳しくは、本記事をご覧ください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 モーツァルト「ピアノソナタ 変...
暗譜

【ピアノ】運指において、暗譜のしやすさと音色のどちらを優先するか

運指の決定には 何を優先させるかの判断が必要です。 詳しくは、本記事をご覧ください。 暗譜でつまづく大きな原因は、 ややこしい運指を間違えたり 繰り返しにおいて それが不統一になっていることにもあります。...
運指

【ピアノ】ある音型をもう一方の手へ引き継ぐときのコツ

音型から隠されたフレーズを見抜き、 片方の手からもう一方の手へ引き継ぐときは できる限り、フレーズにあわせた受け渡しにする。 これが、 ある音型を音楽的にかつ弾きやすく 両手でやりとりするコツです。 具体例を見てみま...
暗譜

【ピアノ】アクセントを安定して際立たせる運指付けのコツ

本記事では、 アクセントが続く場合の運指付けのコツ を解説します。 使える場面は意外と多い方法なので 引き出しへ入れておいてください。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
運指

【ピアノ】なぜ、演奏で親指を使わない時代があったのか

鍵盤楽器の演奏で親指を使わないやり方があったことを どこかで耳にしたことがあるはず。 その理由を ヨーゼフ・ガートの書籍の内容を元に紹介します。 C.P.E.バッハ「正しいクラヴィーア奏法」 をはじめ あらゆ...
ダイナミクス

【ピアノ】トリルで大きな音を出す方法

トリルで相当大きな音量が必要なときには 運指の工夫が必要です。 楽曲によっては トリルを弾くときに できる限り大きな音を出したい場合もありますね。 トリルの音量アップを狙うために ダンパーペダ...
ペダリング

 【ピアノ】運指付けとペダリング決めはどちらが先か

譜読みのときの運指付けとペダリング決めの順序について 適切なやり方を解説します。 譜読みのときに 運指付けをしたり ペダリングを決めたりする段階があります。 これらの順序はどうするのが適切なのでしょうか。 ...
J.S.バッハ

【ピアノ】2声のインヴェンションから3声へ進んだときに挫折しない方法

本記事で解説している3つのポイント踏まえれば、 挫折せずに J.S.バッハ「2声のインヴェンション」から「3声のシンフォニア」へと接続可能。 3声へきちんと入門することは フーガを立派に弾く基礎を身につけることにもつながります。...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

【ピアノ】初心者が運指に強くなるためには、書かれている通りにやるに限る

筆者は、少なくとも初心者の段階においては 運指について特別な学習をした記憶はありません。 「書かれている運指」という良質な教材を頼りに 曲数をこなしていったら いつの間にか運指に鋭くなっていただけです。 運指については...
ポピュラーピアノ

【ピアノ】同音連打における運指決定のコツ

同音連打における運指決定の方法は、 連打でよく使われる何パターンかの運指を並べて比較してみると すぐに発見できます。 同音連打を同じ指でおこなう場合もありますが、 指を変更するやり方も広く行われていますね。 ...
暗譜

【ピアノ】アルペジオで暗譜を失敗しないためのポイント

運指などのささいな事を徹底しておくのが、 アルペジオはもちろん あらゆる場面において暗譜で失敗しないためのポイントです。 詳しくは、本記事をご覧ください。 アルペジオでつまづいて暗譜がとんでしまうと 非常にもったい...
装飾音

【ピアノ】トリルで手首の回転を使うとはどういうことか②

本記事は、 【ピアノ】トリルで手首の回転を使うとはどういうことか という記事の補足的内容。 本記事単体でもお読みいただけます。 「 “トリルで” 手首を使う」 という言い方を目や耳にすることがあると思います。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました