運指

スポンサーリンク
運指

【ピアノ】出来れば、速いパッセージで5の指を回避してみる

パッセージが ある程度の速度で細かく動く場合は、 出来れば、5の指を避ける運指付けができないかを 考えてみるのがおすすめ。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。   ...
運指

【ピアノ】失敗しない運指決定のキモは、統一性

本記事では、 ミシェル・ベロフが示した運指をピンポイントで例に挙げて その運指がなぜ優れているのかを解説しています。 失敗しない運指決定のポイントを 知ることができるでしょう。 【ピアノ】運指は暗譜にも影響を与える...
運指

【ピアノ】際立たせたい内声の音を運指の工夫で抽出する方法

際立たせたくても なかなか上手く強調できない内声の音でさえ、 運指の工夫次第では 美しく抽出することができます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ドビュッシー...
レガート

【ピアノ】ペダルに頼りすぎずに運指でレガートへ肉薄するのが原則

ペダルに頼りすぎず、運指でレガートへ肉薄すること。 そして、その運指を見つけるのを簡単にあきらめないこと。 詳しくは、本記事をご覧ください。 ダンパーペダルに頼ることで 手は離してしまっても 音をつなげることが...
運指

【ピアノ】取り組むすべての作品が運指の教材になる

取り組むすべての作品が運指の教材だと思って 向き合うと やたらに学びとれる情報が増えます。 【ピアノ】運指に鋭くなるためには曲数をこなすことも必要 という記事でも書いたように、 市販の楽譜へ書かれている運指に ...
テンポ関連

【ピアノ】テンポが上がらないところは、たいていどちらかの手に問題がある

本記事では、 テンポアップを少なからずラクにする方法を 解説します。 前回の記事で、 難所の、特に跳躍が連続する難所のテンポを上げるためには とにかくその部分だけでも暗譜をすべきだと書きました。 暗譜した...
運指

【ピアノ】作曲家の運指か校訂者の運指かを見分ける方法

楽譜に書かれている運指が 作曲家と校訂者のどちらによるものなのかを見分けるためには どうしたらいいのでしょうか。 詳しくは、本記事をご覧ください。 【ピアノ】作曲家自身による運指やペダリングは、音楽を示している と...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】弱音同音連打で音色をそろえる方法

弱奏同音連打で 音色をそろえるために重視すべきなのは、 打鍵するときの指の位置です。 弱音同音連打というのは 例えば、次のようなもの。 ベートーヴェン「ピアノソナタ第4番 作品7 第1楽章」 譜例...
書き込み

【ピアノ】替え指の指定を見つけたら、運指を振り直して書き直す

本記事は、 【ピアノ】替え指をするタイミングは決めておく という記事の補足的内容。 本記事単体でもご覧いただけます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 モーツァルト「ピ...
運指

【ピアノ】書かれている運指が合わないのに、出来るまで頑張らない

本記事を通して 「書かれている運指が合わないのに、出来るまで頑張らない」 ということを腑に落として 練習へ向かって欲しいと思っています。 楽譜に書かれている運指は 基本的に研究されたうえで書かれているので、 ...
運指

【ピアノ】片方の段に書かれている難所を、両手で分担させるかどうか

ひとつの音型を両手で分担することによるデメリットを 弾きやすくなるメリットと天秤にかけて 自分なりの最善策を考えていきましょう。 高度なパッセージや音型などが出てくる場面で 技術的な難易度を下げるために 両手で...
暗譜

【ピアノ】運指を間違えると修正のききにくいところと、その対策方法

運指を間違えると修正のききにくい細かな動きでは とにかく、拍頭止め。 これで最悪の事態は避けられます。 ショパン「エチュード op.10-1」などのように 分散和音で素早く上がり下がりする楽曲の場合、 一度横ズ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました