【ピアノ】「ゆっくり練習(拡大練習)」の欠点

スポンサーリンク
本記事では、
「ゆっくり練習(拡大練習)の欠点」について語っています。

 

私の発信でも散々書いてきているように

「ゆっくり練習(拡大練習)」

というのは

練習の基本とも言えるほど重要な過程です。

一方、

「ゆっくり練習(拡大練習)」には

欠点と言いますか、

欠点となる可能性のある部分が存在します。

それは、

「ノリなどがなくなって、ただの ”ゆっくりなインテンポ” になってしまいがち」

ということ。

例えば、ショパンのマズルカなどに出てくる独特のアゴーギク。

通常のテンポでは表現のしようがあっても、

テンポがゆっくりになって、

あのノリもそのまま広げることは困難です。

だからといって、

ただゆっくりにすると、

「ゆっくりなインテンポ」

という、無味乾燥なものになってしまう。

これは、私自身も色々試してみた結果、

「実際のテンポによる練習も同時並行で取り入れていくしかない」

という結論に至っています。

もちろん、音が入っていないうちからテンポを上げる必要はありません。

しかし、

ある程度弾けるようになってきたら

必ず「ゆっくり練習」に加えて、

「実際のテンポによる練習」も同時におこなっていくべきです。

例えば、

ショパンであれば

特に「ワルツ」「マズルカ」「ポロネーズ」などは、

独特のノリが濃く出るので

このような注意が必要です。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました