【ピアノ】「縮節」について理解しよう

スポンサーリンク

 

♬ ときどき聞く「縮節」ってどういう意味だろう?

♬ どういう意図で使われるのだろう?

 

こういった疑問に答えます。

 

【本記事の結論】
◉ 縮節とは「提示された素材が、音価や拍の長さを縮めながら連結されていくこと」
◉ 使用意図は大きく4種類

 

 

記事の信頼性


 

筆者は、音楽大学の学部および大学院を作曲専攻で修了し、

修士号(音楽)を取得しています。

また、音楽大学および音楽専門学校での指導経験も豊富です。

 

■「縮節」について理解しよう

 

♬ 縮節とは?

 

「提示された素材が、音価や拍の長さを縮めながら連結されていくこと」

 

具体例として、以下の譜例を見て下さい。

カギマークに注目。

 

ラヴェル「ソナチネ 嬰ヘ短調 M.40 第3楽章」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、159-163小節目)

 

ラヴェル「ハイドンの名によるメヌエット」

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、35-37小節)

 

他にも、

グリーグ「抒情小品集より ノクターン op.54-4」
グリーグ「抒情小品集より 家路 op.62-6」

などでは、わかりやすい形で提示されています。

作品の時代関係なく、

あげればキリがないほど多くの楽曲で出てくる手法です。

 

♬ 縮節が使われる主な理由

 

◉ せき込み効果を出すため
◉ テンポは変わらなくても、”テンポの感じ方” を変えるため
◉ その音型を主役から伴奏型へ移行させるため
◉ ”単純なそのままの繰り返し” という印象を和らげるため

など、

大きくはこの4種ですが

楽曲によって使われ方はさまざま。

これらが組み合わされたりもします。

 

本記事で取り上げた譜例は

どれに当てはまるのか考えてみて下さい。

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」 もっとピアノが上達したいあなたへ

 

「Kindle Unlimited」をご存知ですか?

私が執筆している数百冊のピアノ関連書籍に加え、

200万冊以上のあらゆる電子書籍が読み放題になるサービスです。

「初回30日間無料トライアル」を使って、

ピアノをもっと深く学んでみませんか?

もし合わなければ、いつでもすぐに解約可能です。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました