メロディ

スポンサーリンク
譜読み

【ピアノ】隠れ多声メロディを見つけて、多声的に演奏する②

本記事は、 【ピアノ】隠れ多声メロディを見つけて、多声的に演奏する という記事の補足的内容。 本記事単体でもご覧いただけます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
入門者 / 初級者 / 初心者のために

 【ピアノ】初心者向け:ピアノを歌わせる前提条件

あらゆることに先立ち ピアノを歌わせる前提条件があります。 「ピアノを歌わせる」 口でいうのは簡単ですが、 どうやっていいか迷いますよね。 歌っているように聴かせる方法は いくつかあるのですが...
ピアノアレンジテクニック

【ピアノ】内声のメロディを聴こえさせる方法

内声のメロディを聴こえさせる方法は ダイナミクスで際立たせるだけではありません。 詳しくは、本記事をご覧ください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 譜例(Finaleで...
譜読み

【ピアノ】メロディかと思わせる伴奏を読み取る

「メロディかと思わせる伴奏」 このような表現は 他の楽曲でも意外と多く見られるので、 見抜いて演奏に活かしましょう。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ベートー...
ダイナミクス

【ピアノ】長く続くダイナミクス変化を効果的におこなう方法

長く続くクレッシェンドやデクレッシェンドをするとき、 ダイナミクス変化をきちんと認識できるうえに 目的の音量へ行き着くまでの時間を延ばすことができる方法を 解説します。 長く続くクレッシェンドの場合は 通常のやり方...
テンポ関連

【ピアノ】「ペダルによる濁り」と「音楽の流れ」のどちらを優先するか

ゆるやかなテンポの楽曲において 濁りにあわせて細かくペダルを踏みかえることで 音響がクリーンになることは間違いありません。 しかし、 それがあまりにもひんぱんだったり テンポが少し速めだったりすると フレーズがブツブツして ...
連符

【ピアノ】メロディに3連符が続くときにギクシャクしないコツ

適切にグルーピングの考え方を取り入れると、 連符が続く場合でも ギクシャクせずに演奏できます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 ショパン「エチュード Op.25-7」 ...
ペダリング

【ピアノ】ペダルでバスをどこまで伸ばすかの実例解説

「ペダルでバスをどこまで伸ばすか」 ということは 音楽表現と直に結びついており、 重要な視点と言えるでしょう。 本記事では、 作品の断片を使って 楽曲理解をするところから含めて やや細かく解説をしていきます。 具...
ダイナミクス

【ピアノ】メロディと伴奏とのバランスが良くないときのファーストアクション

「削る方向で考える」 これは、あらゆるときに使える考え方であり、 それでうまくいかない場合のみ 足りない部分を足す方向を検討するようにしましょう。 演奏を録音して聴いてみると 「メロディと伴奏とのバランスが良くない...
譜読み

【ピアノ】各声部の主従関係を入れ替えるところの見極め方

どの声部を主役にするのかは 常に考えなくてはいけません。 そして、この判断には 楽曲分析ができているかどうかが問われます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。   モーツァ...
ピアノアレンジテクニック

【ピアノ】アレンジのときに、原曲のメロディをどっかへやらない

よほどの意図や要請がある場合を除き、 通常のピアノアレンジにおいては できる限り、原曲のメロディを尊重してください。 ピアノアレンジをするときには 頼まれごとでもない限りは 基本的に自由に編曲してもいいわけです...
ダイナミクス

【ピアノ】ハモリを美しく聴かせるコツ

有名マンガ「SLAM DUNK」に 「左手は添えるだけ」 という名セリフがありましたが、 原則、ハモリも添えるだけにしてください。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました