【ピアノ】指間ストレッチを取り入れるメリットと注意点

本記事では、
「指間ストレッチを取り入れるメリットと注意点」
を紹介しています。
住居環境などによっては、
ピアノを弾きたくても弾けない時間帯はあるはずです。
そういった時間を有効活用して取り組んでみましょう。

 

私自身、以前に数年間、

「ミキモトメソッド フィンガートレーニング」

というメソッドの指導を受けていました。

その中で、「トレーニングボード」というものを使って指間をストレッチし、

より開くように訓練していく過程があったのです。

それを継続的におこなったことで、

確かに「腱」も「皮」も伸びることを実感しました。

 

指が開くようになることで

特定の和音を「より楽に」おさえられるようになると、

「手首への負担」が軽減します。

そのことから、

趣味でピアノを弾いている方も

日常的にストレッチを取り入れるべきだと考えています。

ピアノをより楽に弾くために必要なのは、

「持って生まれた手の大きさ」ではなく、

「手が柔軟に開くかどうか」です。

 

ちなみに、ヴァイオリンの場合、

「ŠEVČÍK VIOLIN STUDIES」

という教則本の中で、

特定の指を押さえたまま他の指を開く過程があります。

一方、ピアノでは

「ミキモトメソッド フィンガートレーニング」

「コルトーのピアノメトード」

の中で少し取り上げられているだけで、

それほど重視した教育はおこなわれていません。

それは「必要ない」ということではなく、

「自身で考えて」取り入れていかなくてはいけないのです。

 

一つによって手の形は違いますし、

ただ一つだけの正しいやり方はありません。

必ずしもトレーニングボードを使わなくても、

自身の手を使ってストレッチすることから始めるといいでしょう。

 

注意点は、次の4点です。

1. 入浴中などの「血行が良いとき」に適度におこなうこと
2. できる限り左右の手を「対照」にストレッチしていくこと
3. 決してグイとばかりに強引にやらないこと
4. ストレッチをしているときに「手首」を楽にしておくこと

特に、

「ストレッチをしているときに手首を楽にしておくこと」というのは、

気を抜くと忘れがち。

指と手首は独立しています。

無駄な箇所を固めずにストレッチをするクセをつけておかないと、

実際の演奏でも手を広げたときに手首を固めてしまう原因になる。

こういった理由で、注意が必要なのです。

 

最後に、一番大切なことをお伝えします。

「2,3日やってすぐに手が開くようにならなくてもやめないこと」

これを念頭に置いておきましょう。

股割りできるバレリーナも1日でできるようになったわけではありません。

毎日日課のように少しづつおこなっていくことが重要です。


 

「ミキモトメソッド」考案者による書籍も出ています。

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました