運指

スポンサーリンク
書き込み

【ピアノ】替え指をするタイミングを音価分割で書き込む

本記事では、 【ピアノ】替え指をするタイミングは決めておく という記事の補足として、 替え指をするタイミングをわかりやすく示す方法を解説しています。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。...
運指

【ピアノ】書かれている運指を切り捨てるその前に

少しの工夫をすることで 書かれてはいるもののムリだと思っていた運指も 使える可能性アリ。 そしてそれが、 後で「切り捨てなくて良かった」と思えるくらい 良い運指の可能性も充分あります。 具体例を見てみましょう。 ...
ダイナミクス

【ピアノ】弾く手を変えれば、subito はカンタン

一方の手で弱奏からsubitoで強奏へ切り替えるよりも それぞれの手で弱奏と強奏の担当を分けてしまうほうが 頭が混乱しないので テクニック的にずっと容易になります。 【ピアノ】ある音型をもう一方の手へ引き継ぐときのコツ ...
運指

【ピアノ】運指の問題は、何度も検討すると解決する

運指の都合上、 「どうしても音を引っかけてしまう」などの 何かしらの問題が出てきたときには 試行錯誤し、何度も検討すること。 今使っている運指で闇雲にさらうことだけが 解決の道ではありません。 具体例を見てみましょう...
運指

【ピアノ】ゆっくりの同音連打では、指を変えないでやってみる

同音連打の運指において ◉ ゆっくり〜中庸の速度の場合は、同じ指を使ってみる ◉ 速い速度の場合は、指を変えてみる これらを基本とし、 楽曲によってやりにくければ別のやり方も検討する、 という方針で運指付けしていくといいでしょ...
譜読み

【ピアノ】譜読みが終わった後に他版の運指を比較研究すると超有益

本記事では、 運指に強くなる学習方法のひとつについて 解説しています。 これから解説する学習方法は 本番までまだ時間がある場合しか出来ないものですが、 たいへん効果的な方法となっています。 やり方...
暗譜

【ピアノ】似たような音型では運指を統一すべきとはどういうことか

以前からたびたび触れているように、 似たような音型では できる限り運指を統一しておくと 混乱が生じないため 暗譜がスムーズにこなせます。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 ...
運指

【ピアノ】替え指をするタイミングは決めておく

替え指をするときの注意点は 「タイミングを決めておき、それも、決まりのいいタイミングで替える」 ここにあります。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。  J.S.バッハ「平均...
スタッカート

【ピアノ】レガートではないところの運指付けも慎重に

弾くたびに運指が変わってしまうような 練習方法をとっている方は、 特にレガートではないところの運指付けが いい加減になっています。 レガートのところというのは ダンパーペダルに頼らずとも なるべくレガートに肉...
運指

【ピアノ】音域の広い分散和音における運指を考える

音域の広い分散和音においては、 運指によって どのようなグルーピングで 手のポジションをとっていくことになるのかが 変わってきます。 詳しくは、本記事をご覧ください。 以下の譜例を見てください。 譜例(Fina...
書き込み

【ピアノ】ページをめくった後のはじめの音には、運指を書きこむべき

通し練習するときと 部分練習するときの運指が異なってしまう可能性は 避けなくてはいけません。 詳しくは、本記事をご覧ください。 例えば、以下の譜例をみてください。 モーツァルト「ピアノソナタ 変ロ長調 K....
運指

【ピアノ】わずかに運指を変えるだけで、驚くように弾けるようになる

書かれている運指を使って懸命にさらうのも ひとつの方法ですが、 柔軟に運指の変更を検討してみるのもアリ。 場合によっては 驚くように弾きやすくなります。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用でき...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました