【30秒で学べる】ベートーヴェン「ピアノソナタ第30番 第3楽章」ワンポイントレッスン

スポンサーリンク

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第30番 ホ長調 作品109 第3楽章」ワンポイントレッスン

 

譜例(PD楽曲、Finaleで作成、9-12小節)

この4小節間は、ちょっと変わっています。

9-11小節目まで各1拍目に「4分休符」があり、音の厚みが薄くなっている。

各2拍目は「低いバス音」があり、なおかつ「4声体」が揃う。

つまり、作曲構造上、重みが入るのは1拍目ではなく「2拍目のほう」なのです。

 

極端にやる必要はありませんが、

譜例の「重」と書いた箇所に少し重みを入れ、

1拍目は強くならないように。

バスラインにカギマークを書き入れましたが、

この構造を見ても、

2拍目に重みが入る理由を納得していただけると思います。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

Twitter
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

「初回30日間無料トライアル」はこちら / 合わなければすぐに解約可能!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました