【ピアノ】基礎練習から、手の支えを意識する

スポンサーリンク
ハノンなどの基礎練習のときに
バタバタしている手を安定させるためには
どうすればいいのでしょうか。

 

とりあえず最低限すべきなのは

「手の支えを意識して練習する時期をつくる」

ということです。

 

右手の中指を立てて上向きにして

その指をしっかりとさせておいたうえで

力を抜いた左手の手のひらをかぶせてください。

傘のように。

このときに、

右手の指で支えるのは

手のひらのどの辺りにすると安定するのかを

調べてみましょう。

「手のひらの中心よりも、ほんの少し上」

ここを支えたとき

いちばん安定するように感じるはず。

 

この部分を中指で支えている感触を

しっかりと脳裏に焼きつけてください。

そして、

両手とも

そこで支えられているようなイメージをもったまま

ハノンなどの基礎練習をしてみましょう。

手の運用が安定することを

実感できるはずです。

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/~/e/B0CCSDF4GV

X(Twitter)
https://twitter.com/notekind_piano

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

 


 

無料トライアルで読み放題「Kindle Unlimited」

 

筆者が執筆しているピアノ関連書籍に加え、

数多くの電子書籍が読み放題になるサービスです。

 

Kindle Unlimited 読み放題 無料トライアル

 

この記事を書いた人
タカノユウヤ

ピアノ音楽(ピアノソロ、ピアノが編成に入った室内楽 など)の魅力にとりつかれて、早何十年。
ピアノ音楽の作曲・編曲が専門。
物書きとしては楽譜だけでなく文章も書いており、
音楽雑誌やサイトなどでピアノ関連の文筆を手がけています。
Webメディア「大人のための独学用Webピアノ教室」の運営もしています。
受賞歴として、第88回日本音楽コンクール 作曲部門 入賞 他。

タカノユウヤをフォローする
役に立つ練習方法 他
スポンサーリンク
タカノユウヤをフォローする
大人のための独学用Webピアノ教室(ブログ版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました