ペダリング

スポンサーリンク
ペダリング

【ピアノ】ペダルでバスをどこまで伸ばすかの実例解説

「ペダルでバスをどこまで伸ばすか」 ということは 音楽表現と直に結びついており、 重要な視点と言えるでしょう。 本記事では、 作品の断片を使って 楽曲理解をするところから含めて やや細かく解説をしていきます。 具...
ペダリング

【ピアノ】1/4ペダルを活用すべき条件の3点セット

本記事は、 【ピアノ】濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法 という記事の補足的内容。 ペダルはONとOFFのスイッチではありません。 1/4ペダルのような微妙な加減を使いこなすことが 演奏に幅を与えてくれま...
ダイナミクス

【ピアノ】なぜ、subito p の直前には一瞬の時間が必要なのか

以前から、 「subito p になるときには、直前で一瞬の時間を使う」 というテクニックについて触れてきました。 本記事では、 なぜそのようにすることが効果的なのか、 また反対に、subito f にするときはどうなのかにつ...
ペダリング

【ピアノ】 K.U.シュナーベルによるテンペストのペダリングの補足解説

K.U.シュナーベルが 教則本の中で提案しているペダリングのひとつについて その意図などを補足解説します。 「ペダルの現代技法―ピアノ・ペダルの研究」 著 :  K.U.シュナーベル  訳 :青木 和子  / 音楽之友社 ...
スタッカート

【ピアノ】ペダルの効き方をスタッカートで確かめておこう

本記事で紹介している内容をやってみると、 ハーフペダリングを取り入れるときの足先と耳の感覚を 鋭くすることでき、 また、ペダリングの深さによって どれだけ多彩な表現を得ることができるかについて 引き出しを増やすことができます。...
ペダリング

【ピアノ】金管楽器の合奏のような雰囲気を出すために

ピアノという楽器で 金管楽器の合奏のような雰囲気を出すためには、 各音のデュレーション(音の長さ)に注目すべきです。 「ピアノ奏法の基礎」著 : ジョセフ・レヴィーン  訳 : 中村菊子 / 全音楽譜出版社 という書...
ペダリング

【ピアノ】濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法

濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法は、 ハーフペダルを使うこと。 その中でも、1/4ペダルで薄く踏むこと。 詳しくは、本記事をご覧ください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は...
ペダリング

【ピアノ】モーツァルトの定番ロングトリルは、ハーフペダリングで

モーツァルトの定番の 「ロングトリル + アルベルティバス」 のところでは、 1/4ペダルを使うといいでしょう。 詳しくは、本記事をご覧ください。 「モーツァルトがしょっちゅう使う、定番のロングトリル」 と言って...
ペダリング

【ピアノ】ペダルの半分の踏み替えよりも安全に、似たような効果を出す方法

半分だけ踏み替えるハーフペダリングは 便利ではあるのですが、 結構、問題もあるんです。 どうしてかというと、 ピアノの個体差に相当影響されるから。 もっと安全に 似たような効果を出せる代案を解説します。 【ピアノ】...
ペダリング

【ピアノ】左右の手で演奏する音が重なるときは、ペダル解決が一案

それぞれの手で演奏する音が重なる場面というのは 多く出てきます。 その都度、改善策を考える必要がありますが、 「ペダルで解決できないか」 というのも 検討してみてください。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わ...
ペダリング

【ピアノ】ラヴェルのペダリング指示の特徴

ラヴェル自身によるペダリング指示には ちょっとした特徴があります。 それまでの時代の作曲家の作品と比べると ラヴェルのピアノ作品における楽譜の情報量は 多いほうでしょう。 通常の記譜の細かさに加え、 ...
ピアノアレンジテクニック

【ピアノ】とりあえず文句は言われないペダリングの書き方

本記事では、 ペダリングをどのように楽譜へ書き込むべきか についての簡易的な例を解説しています。 本記事で取り扱うのは ほんとうに基本的なペダリングのみ。 3本のうちダンパーペダルに限って扱い、 ハーフペ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました