テンポ関連

スポンサーリンク
テンポ関連

【ピアノ】楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする

「楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする」 という点に注意して 楽曲を大きく全体でとらえることが重要です。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 例1:J.S.バッハ「平均...
テンポ関連

【ピアノ】速度標語は、譜読みが終わった後に見直そう

譜読みが終わった後というのは 楽曲理解が圧倒的に深まっているため、 速度標語に関するとらえ方にも 変化が起きている可能性があります。 古典以前の作品など メトロノーム速度指示が書かれていない作品の場合は、 A...
テンポ関連

【ピアノ】はじめてテンポを上げたときに絶望しないコツ

はじめてテンポを上げたときにうまく弾けないのは とうぜんです。 詳しくは、本記事をご覧ください。 以下のような経験はありませんか。 譜読みを始めて たどたどしくもおおむね弾けるようになってきた。 仕上げのテンポをイメ...
テンポ関連

【ピアノ】メトロノーム練習では、決まった数値でのテンポ管理をするに限る

メトロノームを使って練習を組み立てるときには 練習の管理のしやすさにも着目すべきです。 メトロノーム練習における ちょっとしたポイントがあります。 テンポを適当に上げ下げせずに 決まった数値での管理を心がけ...
テンポ関連

【ピアノ】速いパッセージにおけるごまかしを減らす方法

「ゆっくりでは弾けないけど速いテンポなら弾ける」 と発言する方がたまに見受けられますが、 それは、 「弾ける」のではなく、弾けていないんです。 ピアノ演奏においても 「ごまかし」という言葉を耳にすることもありますが...
テンポ関連

【ピアノ】高速のテンポまで確実に上げる方法

高速のテンポまで確実に上げる方法があります。 ポイントは「暗譜」と「練習の回し方」。 詳しくは、本記事をご覧ください。 楽曲によっては 最終的な仕上げのテンポを 相当速い速度にしたい場合があります。 ...
テンポ関連

【ピアノ】なぜ、古典以前の作品にはメトロノーム速度指示がないのか

本記事では、 メトロノームの歴史を 少しだけかじっています。 ちょっとした雑学程度のことですが 知ることで楽譜の見え方が変わるでしょう。 さまざまな楽曲に触れていると 古典派以前の楽曲にはメトロノーム速度指示がな...
スタッカート

【ピアノ】速いテンポでのスタッカートの連続では、ダイナミクスに注意

本記事では、 スタッカート演奏におけるダイナミクス関連で 初級~上級まで幅広い段階の学習者にとって必要な注意点 を解説します。 スタッカートが連続する場合、 テンポが速くなるにつれて ダイナミクスが大きくなる...
テンポ関連

【ピアノ】ゆっくり練習の精度を上げる方法

目の前の楽曲に対する今の自身の習熟度 を確認しながら、 最適な「ゆっくり」の度合いを探ってください。 「ゆっくり練習(拡大練習)」では それをやる目的がありますね。 例えば、 ◉ まだ速度が上がらないところで...
テンポ関連

【ピアノ】執拗な反復ではテンポに注意

テンポキープにおける大きなポイントは 「自分は、どういった音型のときに走ってしまいがちなのか」 という傾向を知っておくことです。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。   ...
テンポ関連

【ピアノ】フェルマータの位置を感覚で決めない

「こうきたら、普通こうなるだろうな」 という過去の経験からくる感覚に頼りすぎてしまうと、 楽譜に書かれていることを 捉え間違える可能性がでてきます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用で...
ダイナミクス

【ピアノ】「だんだん弱く」にテンポ変化も加味されるかどうかに注意

何となくで把握してしまっている音楽用語があるようでしたら それぞれの意味を一度整理し直してみることで 楽曲の捉え方に変化が出てきます。 だんだん弱くしていくときには だんだん遅くしていく表現も セットでつけてし...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました