スポンサーリンク
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】自分の中で以前と比べて変わったことを整理しよう

日々音楽学習をしていると、 ちょっとずつ何か新しいことを知ったり ちょっとずつ何かが改善されたりしていく。 その内容を一度整理してみましょう。 我々が少しでも良い音楽ができるようになるために必要なのは、 神頼みをす...
ペダリング

【ピアノ】ペダルでバスをどこまで伸ばすかの実例解説

「ペダルでバスをどこまで伸ばすか」 ということは 音楽表現と直に結びついており、 重要な視点と言えるでしょう。 本記事では、 作品の断片を使って 楽曲理解をするところから含めて やや細かく解説をしていきます。 具...
書き込み

【ピアノ】繰り返しで少しだけ変わったところにはマーキングするに限る

「繰り返しで少しだけ変わったところ」 これが重要かつ、暗譜で足を引っ張るタネ。 譜読みのときにマーキングをして 目立たせておきましょう。 いざ暗譜をする段階になったらどうすればいいのか についても解説します。 具体例...
書き込み

【ピアノ】替え指をするタイミングを音価分割で書き込む

本記事では、 【ピアノ】替え指をするタイミングは決めておく という記事の補足として、 替え指をするタイミングをわかりやすく示す方法を解説しています。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。...
ペダリング

【ピアノ】1/4ペダルを活用すべき条件の3点セット

本記事は、 【ピアノ】濁ってしまうけど使うべき「つなぎペダル」を成立させる方法 という記事の補足的内容。 ペダルはONとOFFのスイッチではありません。 1/4ペダルのような微妙な加減を使いこなすことが 演奏に幅を与えてくれま...
テンポ関連

【ピアノ】楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする

「楽曲中のテンポ変化を見据えたテンポ設定をする」 という点に注意して 楽曲を大きく全体でとらえることが重要です。 具体例を見てみましょう。 楽曲が変わっても考え方は応用できます。 例1:J.S.バッハ「平均...
練習の継続方法

【ピアノ】譜読みをする自分への発破のかけ方

「譜読みをするときには、もっとモチベーションを上げてもいい」 これは、最近つくづく感じていることです。 筆者自身、「譜読み」という過程をとても重視していますし、 本Webメディアでも 譜読み関連の記事に相当力を入...
モーツァルト

【ピアノ】モーツァルトのピアノ音楽を読み解く3本の柱と、それを学べる参考書籍

本記事では、 モーツァルトのピアノ音楽を読み解くために必要な3本の柱と それらを学習するために どんな参考書籍を参照すればいいのかについて 解説しています。 モーツァルトのピアノ音楽を読み解くためには あらゆる知...
運指

【ピアノ】書かれている運指を切り捨てるその前に

少しの工夫をすることで 書かれてはいるもののムリだと思っていた運指も 使える可能性アリ。 そしてそれが、 後で「切り捨てなくて良かった」と思えるくらい 良い運指の可能性も充分あります。 具体例を見てみましょう。 ...
ダイナミクス

【ピアノ】弾く手を変えれば、subito はカンタン

一方の手で弱奏からsubitoで強奏へ切り替えるよりも それぞれの手で弱奏と強奏の担当を分けてしまうほうが 頭が混乱しないので テクニック的にずっと容易になります。 【ピアノ】ある音型をもう一方の手へ引き継ぐときのコツ ...
暗譜

【ピアノ】とりあえず、力づくで暗譜する方法

暗譜にとってのいちばんの基本は、弾きこみをすること。 まずはこの基本があって、 その土台の上に さまざまな小技が効いてくることを理解しておきましょう。 暗譜する代表的な方法や各種テクニックは これまでにも記事にして...
ダイナミクス

【ピアノ】なぜ、subito p の直前には一瞬の時間が必要なのか

以前から、 「subito p になるときには、直前で一瞬の時間を使う」 というテクニックについて触れてきました。 本記事では、 なぜそのようにすることが効果的なのか、 また反対に、subito f にするときはどうなのかにつ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました