役に立つ練習方法 他

スポンサーリンク
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】あるひとつの欠点を全体にまで広げて評価しない

音楽に関するあらゆることにおいて ひとつの欠点だけですべてを判断するのは 今日からやめるようにしてください。 「ピアノ演奏のテクニック」 ヨーゼフ・ガート (著)、大宮 真琴 (翻訳)  音楽之友社 という、 ...
役に立つ練習方法 他

 【ピアノ】「ひとりでこんな立派に仕上げられる」というところを見せよう

もっと能動的に何とかしようと思ってやるだけで 仮に今の能力のままでも それまでより上手になったように感じるはずです。 習いに行っている場合も 独学の場合も 最終的には 音楽を深く理解して 自分ひとり...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】みんなで楽しくレベルアップするには、机を囲んで騒ぐに限る

ピアノの上達のためには ひとりで楽器へ向き合う時間が必要ですね。 一方、 もっと音楽そのものの学びを深める学習の場合は 音楽仲間と一緒になって 本記事のやり方を取り入れてみてください。 先日、 指導に行っている...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】1日1曲学習、選曲に迷ったらアルバム聴き

毎日1日1曲でいいので 知っている楽曲を増やしてください。 そのときに どういった作品から取り組んでいけばいいかを 提案します。 以前から 未知のピアノ音楽を知るために 1日1曲新しい作品を聴くか弾くかする...
コルトー

【ピアノ】指を速く動かすためにも、頭を混乱させる

指が思うように動かない原因は 必ずしも筋肉だけにあるわけではありません。 詳しくは、本記事をご覧ください。 【ピアノ】「コルトー」まず取り組むべき楽曲はコレだけ という記事でも書きましたが、 「コルトーのピアノ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】ホームベーカリーを早焼きモードにして、その120分で集中学習しよう

本記事では、 小休憩(coffee break)として ちょっと軽めな話題を取り上げます。 ホームベーカリーと音楽学習との共存について。 タイトルを読んだときに 笑い話のように感じたかもしれませんが、 実際に...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】手の大きさコンプレックスを解消したければ、編曲を勉強するに限る

編曲をするスキルって、 ピアノ学習者にとって プラスにはたらきます。 全部、自分の体格にあったように 音を編むことができるわけですから。 筆者は、 昔から手が大きくないことがコンプレックスでした。 男性の中...
マナー関連

【ピアノ】録音音源を使った、本番が終わった後の反省方法

本番終了後の反省というのは あらゆる面からおこなうべきですが、 本記事では 「本番の録音音源を、どのようにチェックするか」 という観点で 振り返り方を解説します。 本番の機会というのは 次の本番へ向けての最大の...
ピアノアレンジテクニック

【ピアノ】2オクターヴユニゾンのサウンドを覚えよう②

本記事は、 【ピアノ】2オクターヴユニゾンのサウンドを覚えよう という記事の補足的内容。 本記事単体でもお読みいただけます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】上手く弾けないところで疑うべきなのは、アクセント

上手く弾けない部分があるときには アクセント(重み入れ)のタイミングは ほんとうにそれで大丈夫なのかを チェックしてみるようにしましょう。 スケールや、その他各種パッセージがうまく弾けないことも あるかと思います。...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】何かがうまくいっていないということに気付けるようになろう

目指すところは、 独学でも、習いに行っていても、 究極は自分ひとりで音楽を仕上げる力をつけること。 本Webメディアでは 自分の演奏を客観的に聴くことの重要性と その客観性の身に付け方について 何度も記事...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】部分練習をするときには、強拍まで弾く

部分練習をするときに 外してはいけない注意点を 解説します。 部分練習をするときには 原則、強拍で弾き終えるようにしましょう。 ほとんどの音楽は 強拍まで弾くことで 音楽がひとまとまりになります。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました