【ピアノ】音楽的にトレモロを演奏するポイント

スポンサーリンク
本記事では、
「カウンタブルのトレモロ」について
演奏方法のポイントを解説しています。
ワンポイントレッスンです。

 

本記事で取り上げている作品は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

具体例を挙げます。

楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。

ベートーヴェン「ピアノソナタ第21番 ハ長調 作品53 第1楽章」より

譜例(14小節目)を見てください。

ここでは

1小節目の繰り返しとなっていますが、

バリエーションとして「カウンタブルのトレモロ」になっています。

「カウンタブル」とは「カウントできる」という意味ですので、

きちんと記譜されているトレモロなどはカウンタブルに属します。

一方、

「とにかく速くトレモロする」

というようなトレモロは「アンカウンタブル(カウントできない)」

と言い分けます。

音楽の現場でもよく使われる分類です。

譜例のようなカウンタブルのトレモロは、

全ての音をしっかり弾こうと思うとスピードが上がらないばかりか、

音楽的にも平面的になってしまいます。

方法としては、

丸印をつけた音に「軸」がある意識を持つといいでしょう。

そして、16分音符の裏の音は極めて軽く。

 

トレモロを演奏すると、

母指球の筋肉がすぐに疲れてきませんか?

このように、

表現する内容が決まった後にテクニックが足りないと感じれば、

そこで初めてハノンのトレモロなどを逆引きで行うといいのです。

 

ベートーヴェン「ピアノソナタ第21番 ハ長調 作品53 第1楽章」

を学びたい方は

以下の電子書籍を参考にしてください。

◉「大人のための欲張りピアノ」シリーズ ベートーヴェン ワルトシュタイン 全楽章 徹底攻略 3冊セット

 


 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Amazonでご購入いただけますが、

「Kindle Unlimited」に登録している方は

kindle電子書籍が「読み放題」になるのでオススメです。

「無料トライアル」の詳細は以下よりご覧ください。

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました