タカノユウヤ

スポンサーリンク
ダイナミクス

【ピアノ】音を切らずに2音1組のスラーを表現する方法

スラー終わりの音を切らなくても 2音1組のスラーを印象付けるためには どうすればいいのでしょうか。 詳しくは、本記事をご覧ください。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
ベートーヴェン

【ピアノ】悲愴ソナタ 第2楽章 20-22小節 練習の手引き

ベートーヴェン「ピアノソナタ第8番 悲愴 ハ短調 op.13 第2楽章」より、 20-22小節に出てくる2つのハードルの乗り越え方を 解説します。 ベートーヴェン「ピアノソナタ第8番 悲愴 ハ短調 op.13 第2楽章」 ...
フレージングとアーティキュレーション

【ピアノ】1×4とも2×2とも解釈できるフレーズ

フレーズのグルーピングをどのように捉えるかによって とうぜん、出てくるニュアンスも変わる。 複数のグルーピング解釈ができるケース について取り上げます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応...
譜読み

【ピアノ】ダイナミクス以外の対比表現にも目を向ける

対比表現というのは ダイナミクスによるものがもっとも分かりやすく、 かつ、使われる頻度も多い。 しかし、それ以外の対比がとられることもあるので 注意深く目を向けなくてはいけません。 具体例で見てみましょう。 ...
役に立つ練習方法 他

【ピアノ】不要な動作を減らせないのなら、まずは誇張しないことから

なかなか動作を減らせないのでしたら まずは、ムダに動作を誇張しないことだけを 意識してみてください。 本Webメディアで 「演奏時の不要な動作はなるべく減らすべき」 と書いてきました。 例えば、 ◉ 速...
ペダリング

【ピアノ】少しペダリングを工夫するだけで、少し音楽の質が上がる

「少しの工夫をするだけで、少し音楽の質が上がるペダルの使い方」 というものがいくつもあります。 こういった細かな部分の数点を取り上げます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
譜読み

【ピアノ】音が途切れても音楽のつながりは途切れさせない

メロディの音が途中で途切れている場合も どの音がどの音と一緒にグループをつくっているのかを よく読み取るようにしましょう。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モー...
装飾音

【ピアノ】音が増えたり細かい音価を見たら注意すべきこと

音が増えたり音価が細かくなったときに 演奏の苦労が伴って表現が重くならないよう 注意しましょう。 求められている表現は たいてい、正反対です。 多くの楽曲でいえる一般的なこととして、 ダイナミクスの変化がないまま...
ダイナミクス

【ピアノ】モーツァルト作品の曲頭にダイナミクスが書かれていない場合の解釈法

モーツァルトの作品の曲頭に ダイナミクス指示が書かれていない場合の 基本的な解釈法を解説します。 モーツァルトの時代では   第1楽章の曲頭にダイナミクス指示がない場合は   基本的に f で弾き始めるというの...
譜読み

【ピアノ】隠れシンコペーションを見抜く

楽曲の中には あまり目立たないカタチで シンコペーションが隠されていることもあります。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「ピアノソナタ 変ホ長調 K...
譜読み

【ピアノ】曲頭のつかみを一気に弾き切る

ときどき出てくる、開演ベル的な曲頭のつかみ。 それらの適切な演奏方法は楽曲によりますが、 本記事では 「一気に弾き切るべき例」 をいくつか挙げておきます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方...
脱力

【ピアノ】やるべきではない演奏テンションの上げ方

やってしまいがちですが、 オーバーアクションでテンションを上げるのは やめたほうがいいでしょう。 演奏中に自分自身のテンションが適度に上がるのは 悪いことではありません。 それも含めて演奏の醍醐味ですね。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました