【ピアノ】跳躍の攻略方法「ストライド奏法」

本記事では、
「ストライド奏法」と呼ばれる左手の伴奏形で頻繁に登場する
「難しい跳躍の攻略方法」を解説しています。

 

本記事で取り上げている楽曲は

パブリックドメインになっている作品です。

出版社が独自につけたアーティキュレーションなど

権利に関わる部分は一切表示しておりません。

譜例はFinaleで作成したものです。

 

譜例(Finaleで作成)は

ジョプリン「ジ・エンターテイナー」の5-8小節目の左手です。

音型からして、

「明らかにリズムセクションを想定している左手」

ということがわかりますね。

「バス音」と「ハーモニー」を交代で弾いていくこういった左手の奏法を、

「ストライド奏法」

と言います。

ラグタイム作品ではもちろん、

幅広いピアノ作品で登場する音型となっています。

 

テンポの速い楽曲では

「ストライド奏法」は一気に難易度が上がります。

というのも

「跳躍」が多いので、音を外しやすいのです。

 

跳躍を攻略する演奏ポイントとしては、

「ゆっくり練習する際に、裏拍の和音からベース音までの距離を意識してさらう」

ということです。

譜例の矢印の動きを意識して練習します。

そして、

なんとなく手を移動するのではなく、

裏拍の和音を打鍵したらすぐに次の音の「準備(プリペア)」をする

という意識も持ちましょう。

「ピアノ演奏は ”準備(プリペア)” をしっかりおこなうかどうかが多くを占めている」

といってもいいでしょう。

 

今挙げたようなことは、

テンポを上げたときにはなかなか意識できないかもしれませんが、

ゆっくり練習するときに

これらのことを丁寧に積み上げておくと安定度が上がってきます。

 

また、左手だけで鍵盤を見なくても弾けるくらいにしておくと、

両手で合わせた際の跳躍演奏がグッと楽になります。

跳躍に限らずですが、

「難しい箇所は先にどちらか片方の手のパートを暗譜してしまう」

これが攻略のカギです。


 

本記事で取り上げた作品をもっと学びたい方へ

◉大人のための欲張りピアノ [クラシック畑のあなたに!ラグタイムピアノ演奏法] : ジ・エンターテイナーを用いて

 

Amazon著者ページ
https://www.amazon.co.jp/-/e/B08MVMPNMT?ref_=pe_1206512_179741122

Twitter
(ピアノの効率的な練習法や、楽曲解釈などお役立ち情報を発信中。)
https://twitter.com/notekind_piano

Youtube
https://www.youtube.com/channel/UCBeXKaDXKd3_oIdvlUi9Czg

コメント

タイトルとURLをコピーしました