譜読み

スポンサーリンク
譜読み

【ピアノ】隠れシンコペーションを見抜く

楽曲の中には あまり目立たないカタチで シンコペーションが隠されていることもあります。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 モーツァルト「ピアノソナタ 変ホ長調 K...
譜読み

【ピアノ】曲頭のつかみを一気に弾き切る

ときどき出てくる、開演ベル的な曲頭のつかみ。 それらの適切な演奏方法は楽曲によりますが、 本記事では 「一気に弾き切るべき例」 をいくつか挙げておきます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方...
譜読み

【ピアノ】より強い表現をしている小節を見抜く

作曲家がダイナミクスで指示していないからといって 必ずしも同じような表現を並べるのでなく、 音域、音の厚み、ハーモニーの使い方などをよく観察して 各部分の表現の差を見抜きましょう。 具体例で見てみましょう。 楽曲が...
譜読み

【ピアノ】きちんと読譜力をつけることの重要性を軽視しない

きちんと読譜力をつけることを軽視せずに それが優先課題くらいの気持ちで 学習してみましょう。 以前に、 音大の先生ではないのですが 音大生を個人でたくさん指導してきたとある方が 「楽譜をきちんと読む力もつかな...
譜読み

【ピアノ】無表情の表現を読み取る

無表情に演奏したほうがいいと感じる部分は その感覚を大切にしましょう。 音楽演奏では すべてがすべて 表情過多になる必要はありません。 多くの作品では 表情をしっかりとつけたほうが 魅力的に聴こえます。 ...
譜読み

【ピアノ】和音の響きを際限なくする方法

和音の響きを多彩にするためにできるのは、 ペダリングの工夫のみではありません。 和音の各音のバランスに目を向けることで もっと多彩にすることが可能です。 和音の中のどの音をどれくらい聴かせて どの音をどれくらい隠す...
譜読み

【ピアノ】隠れ多声メロディを見つけて、多声的に演奏する②

本記事は、 【ピアノ】隠れ多声メロディを見つけて、多声的に演奏する という記事の補足的内容。 本記事単体でもご覧いただけます。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ...
譜読み

【ピアノ】なぜ、音価を正しく読み取るところから始めるべきなのか

譜読みにおいて 音価を正しく読み取ることから始めるべき理由を、 具体例とともに簡潔に解説します。 【ピアノ】同音を反復するときに、何でもかんでもスタッカートにしない という記事などで 少なくとも、譜読みをする初...
譜読み

【ピアノ】音価までもう一方の手に釣られない

もう片方の手で演奏する内容に釣られがちになる場面というのは多く、 またそれらというのは 自分では釣られていることに気が付きにくいのが厄介です。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。...
譜読み

【ピアノ】作曲家が意図的に分断した連桁を見逃さない

作曲家による連桁(れんこう)の意図的な分断は、 音楽を読み取る大きなヒント。 詳しくは、本記事をご覧ください。 「連桁(れんこう)」とは、 8分音符よりも細かい、いわゆる「旗」のついている音符が連続するときに ...
譜読み

【ピアノ】メロディかと思わせる伴奏を読み取る

「メロディかと思わせる伴奏」 このような表現は 他の楽曲でも意外と多く見られるので、 見抜いて演奏に活かしましょう。 具体例で見てみましょう。 楽曲が変わっても基本的な考え方は応用できます。 ベートー...
装飾音

【ピアノ】その装飾音があることで生まれる感覚的表現を感じ取る

「その装飾音があることで生まれる感覚的表現を感じ取る」 これが、譜読みで読み取るべき 隠れた課題となります。 バロックの装飾音は 一部の例外を除き、 書かれていないところにつけるのも 書いてあるものを省略...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました